このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

SUPER GT 2019 GT300クラス観戦記 ― 第6回

SUPER GT第6戦オートポリスは悪天候を制した60号車が優勝!

2019年09月18日 16時00分更新

文● 松永和浩 撮影●加藤智充

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

予選の結果がそのまま反映されない
オートポリスの予測不可能な決勝レース

 9月8日、大分県のオートポリスで「2019 AUTOBACS SUPER GT Round 6 AUTOPOLIS GT 300km RACE」の決勝レースが開催された。GT300クラスを中心にレポートする。

 7日に行なわれた予選で、ダントツのトップタイムをマークした25号車(HOPPY 86 MC)がポールポジションを獲得。続く2番手グリッドには52号車(埼玉トヨペットGB マークX MC)と、フロントローはマザーシャーシ勢が独占。その後には7号車(D'station Vantage GT3)、61号車(SUBARU BRZ R&D SPORT)、4号車(グッドスマイル 初音ミク AMG)が続いた。

 14時30分、白バイやパトカーが先導するパレードラップからフォーメーションラップに続いてレースがスタート。このスタートは25号車が素晴らしいダッシュを決めて、最初に第1コーナーへ飛び込んでいく。また、このスタートラップで上手くポジションを上げた4号車が4番手に上がり、予選3位だった7号車が5位までポジションを下げてしまうことになった。

 スタートから順位の入れ替わりの激しい展開となったオートポリス戦だが、序盤早々にGT500マシンのアクシデントにより3周目にセーフティーカー(SC)が導入され、トップグループのアドバンテージがほぼゼロとなってしまった。

 そのSC導入中に61号車がスローダウン。SC解除後、すぐさまピットインするが、ミッショントラブルにより一度はコースに復帰したもののリタイアとなった。

 61号車が脱落したのちは上位4台による激しい攻防が続く。しかし、スタート時に見せた速さが見られなかったのは25号車。25号車は12周目には52号車にトップの座を譲ってしまい、その後もじりじりと後退していく。トップに立った52号車は、マザーシャーシとブリヂストンタイヤという巷で最強の組み合わせと噂されるポテンシャルで、2位以下に徐々にアドバンテージをつけようとするが、18周目に思わぬ事態が訪れる。

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ