このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

SUPER GT 2019 GT300クラス観戦記 ― 第3回

SUPER GT 第3戦 鈴鹿サーキットは春のレクサス祭!

2019年06月14日 16時00分更新

文● 栗原祥光 撮影●加藤智充

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2019年シーズンのSUPER GTも早くも第3戦。その決勝レースが5月26日に鈴鹿サーキットで行なわれ、今季初となるドライコンディションの中、GT500クラスは36号車au TOM’S LC500(中嶋一貴/関口雄飛)がポール・トゥ・ウィン。GT300クラスは96号車-tunes RC F GT3(新田守男/阪口晴南)が開幕戦岡山に続く2勝目を挙げた。今回はGT500クラス、GT300クラス、両方のレース内容をレポートする

【GT500】酷暑の鈴鹿でTOM'Sが1999年以来20年ぶりの最前列独占

 予選が行われた25日(土)は朝から好天。気候で気温は31度、路面温度は48度と夏の訪れを感じさせる中、GT500クラスのQ1が予定より9分遅れの午後3時9分に闘いの火蓋は落とされた。

 Q1(予選1回目)のトップは8号車ARTA NSX-GT(野尻 智紀)が唯一の45秒台となる「1'45.916」、2番手に6号車WAKO'S 4CR LC500(山下健太)、3番手に37号車KeePer TOM'S LC500(ニック・キャシディ)が46秒台前半で続いた。

 いっぽうランキングトップの23号車MOTUL AUTECH GT-Rが10番手、そして前戦の富士で2年ぶりの勝利を挙げた38号車ZENT CERUMO LC500も14番手に沈み、Q1敗退という番狂わせも。

 Q2(予選2回目)にはホンダNSXが4台、レクサスLC500が3台進出するいっぽう、ニッサンGT-R勢は12号車カルソニック IMPUL GT-R(ジェームス・ロシター)が唯一、8番手でQ1を通過するに留まり、悩める日産勢の姿が浮き彫りとなった。

 15時52分から始まったQ2は、残り6分で各車がコースイン。タイムアタック合戦が始まったのは残り1分40秒を切ったあたりからだ。まず12号車の佐々木大樹が1分46秒216でトップタイムを出したことを皮切りに、各車がラップボードに名前を刻んでいく。Q2チェッカーが振られ、残るは36号車au TOM'S LC500の関口と6号車の大嶋のアタックを待つ。この時点でのトップは37号車平川の「1'45.788」。ここで36号車関口が「1'45.775」で記録を塗り替えてポールポジションを獲得。いっぽう大嶋は「1'46.247」で5番手で終わった。

 これによりTOM'Sの2台が36号車au、37号車KeePerの順で最前列を独占。3番手は8号車ARTA NSX-GT、4番手に12号車カルソニックと、ホンダ・日産の最上位が続いた。5番手 6号車WAKO'Sの後方には16号車MOTUL NSX-GTを筆頭にホンダ勢が並んだ。

【GT300】富士に続きマザーシャーシが速さを魅せる

 GT500クラスの前に行なわれるGT300クラスの予選。14時40分からのQ1は、5号車ADVICS マッハ車検 MC86 マッハ号、25号車HOPPY 86 MCがワン・ツー、3番手にも2号車シンティアム・アップル・ロータスが入り、マザーシャーシ勢が強さを見せる。セッション中、9号車PACIFIC MIRAI AKARI NAC PORSCHEの峰尾恭輔がヘアピンのブレーキングでコースオフし、タイヤバリアにクラッシュという波乱で約9分間中断。

 残り4分でセッション再開すると、マザーシャーシ勢や上位を除く16台が一斉にコースインする大混戦へ。その中で、前戦で活躍した56号車リアライズ 日産自動車大学校 GT-R、注目の1台である7号車D'station Vantage GT3がカットラインに入ることができずQ1で姿を消した。

 マザーシャーシ勢は15時34分に開始されたQ2でも猛威をふるった。いきなり25号車が「1'57.008」をたたき出す。その後、4号車グッドスマイル 初音ミク AMGや10号車GAINER TANAX tripe a GT-R等がこのタイムに挑むも届かず。残り1分で5号車(平木湧也)が「1'57.571」で2番時計を出してMC86のワンツー体制を確立。と思われたところ、96号車K-tunes RC F GT3(阪口晴南)が間に割って入る「1'57.134」で2番手に割り込んだ。4番手に好調の61号車SUBARU BRZ R&D SPORT、10号車、4号車、34号車Modulo KENWOOD NSX GT3と続いた。

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ