このページの本文へ

石川温のPCスマホニュース解説 第30回

5Gスマホ普及に懸念も:

高額iPhoneどう売れば キャリア悩む

2019年02月04日 16時00分更新

文● 石川温

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

●iPhoneは売れなかったのか?

 NTTドコモの2018年度第3四半期では、スマホの販売台数は前年同期比で26万台ほど落ちている。

 率直に「iPhoneが売れてないのか」と吉澤社長に直撃したところ、

 「ケータイ補償サービスで提供する端末が減少している。iPhoneの新製品は数は出ている。さらにiPhone 8やdocomo withに対応したiPhone 6sに対応したことにより、前年に比べてiPhoneの売れ行きはほぼ同じ」

 とのことだった。

 つまり、端末購入補助がなくなる方向にある中、高額なiPhoneではなく、安価なiPhone 8やiPhone 6sで台数を稼いだということだろう。アップルにしてみれば、仮に台数は確保できても、販売単価が落ち、結果として売上ダウンにつながっていることになる。

 NTTドコモで分離プランが導入されるとiPhoneはさらに買いにくくなってしまうのか。

 吉澤社長は「iPhoneにはファンがいる。iPhoneに関しては、端末代が高くてもお使いになっていただけるのではないか。そうは言っても、売り方で工夫ができないのか。アイデアを出す必要がある。考えていきたい」とした。

 iPhoneは3キャリアで特に競争が激しいだけに、何らかの割引を検討していきたいのだろう。

 最後に完全分離プランの導入でもう1つ気になるのは、5Gへの影響だ。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン