このページの本文へ

盛田 諒の「アスキー家電部」第22回

シャープが「ハンディ洗濯機」シャツ汚れ超音波できれいに

2016年08月04日 11時00分更新

文● 盛田 諒(Ryo Morita)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
38kHzの超音波振動で微細な真空の泡をつくり汚れを落とす

 いよっしゃああああ変なもの出たぞテンション上がる! メガネ洗浄機の原理を応用した衣類洗濯機だ。目のつけどころが鋭利なメーカーだ。

 シャープが4日、部分洗い用のハンディ洗濯機「超音波ウォッシャー UW-A1」を発表した。ワイシャツのえりについた皮脂汚れ、食事中の汚れなどを38kHzの超音波振動で落とす。市場想定価格は1万6200円、9月15日発売。

 洗面台などに衣類が少しひたるくらいの水を張り、ホーンの先端でなぞるだけで汚れが落ちる。超音波が水分を振動させて真空の泡を生みだし、泡のはじける力で汚れを落とす仕組みだ。もみ洗いに比べ布の傷みもおさえられるという。

シャープ「超音波ウォッシャー UW-A1」(1万6200円)
片手で持てる小さな水筒ほどのサイズ
カラーはシルバー、ピンク、ゴールドの3色

 幅40×奥行き40×高さ168mm、片手で持てる小さな水筒ほどのサイズ。バッグに入れて持ち歩き、外食時うっかり服を汚してしまったとき、出張中ワイシャツのえりが黒ずんできたときなど、いつでも使えるモバイル性が売りだ。

 同社試験によれば、しょうゆ、焼肉のたれ、赤ワイン、パウダーファンデーションの汚れは洗剤なしでも落ちた。カレー、コーヒー、ボールペン、リキッドファンデーション、口紅など脂分の多い汚れも、洗剤を使うことで落ちたそうだ。

 ウールのニット、女性のジャケットの首部分、ダウンジャケットのえりの内側、ぬいぐるみについた手あか、シルク100%のネクタイなど、手洗いではもみ洗い・ブラシ洗いが難しい洗濯物も洗いやすいとしていた。

突如シャツを脱ぎはじめたシャープ担当者
部分洗い用洗剤を塗りつける
ホーン先端部で汚れをなぞる
「ぢぃー↑」という高音とともに細かい泡が発生

 UW-A1のねらいは洗濯前に部分洗いをする「予洗い需要」。

 同社調査によれば、洗濯する人の約8割が洗濯前に予洗いしている。内容は食べこぼし、皮脂汚れ、着脱時の化粧品汚れなど。一方、手洗いでは結局汚れが落ちきらない、もみ洗いで衣類のえりが傷みそうだという不満も抱えていたそうだ。

 電源はニッケル水素バッテリー(900mAh)、5時間充電で30分駆動する。重量は200g(本体キャップのぞく)。カラーはシルバー、ピンク、ゴールドの3色。同社ではピンクが推し色とのこと。たしかにかわいい。

 大手からこうした変なものが出るのは大変うれしい。試作機を借りたので試させてもらおう。ちなみにハンディ洗濯機としては昨年1月、ハイアールアジアがたたき洗い方式の「AQUA COTON」(1万800円)を発売している。

同社の実験結果。しょうゆ、赤ワインなどは洗剤なしで落ちた
同上。カレーやコーヒー、リキッドファンデは洗剤つきで落ちた
ぬいぐるみの手あかもきれいに落ちるという

■関連サイト



盛田 諒(Ryo Morita)

1983年生まれ、記者自由型。戦う人が好き。一緒にいいことしましょう。Facebookでおたより募集中

人気の記事:
谷川俊太郎さん オタクな素顔」「爆売れ高級トースターで“アップルの呪縛”解けた」「常識破りの成功 映画館に革命を」「小さな胸、折れない心 feastハヤカワ五味

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン