このページの本文へ

盛田 諒の「アスキー家電部」第68回

フィリップス 昼光色と電球色が切り換えられるLED電球

2016年12月07日 07時00分更新

文● 盛田 諒(Ryo Morita)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「Philips Hue ホワイトグラデーション」
フィリップス ライティング ジャパン
想定価格3400円(電球単体)12月中旬発売

 フィリップスからちょっと便利なの出た!

 フィリップス ライティング ジャパンが6日、色温度を変えられるLED電球「Philips Hue ホワイトグラデーション」を発表した。「Dimmerスイッチ」という別売りのリモコンで、昼光色から電球色まで4つの色温度を調光できる。光量は800ルーメン、口金はE26、消費電力は最大10W。12月中旬発売。

 ラインナップは単体の「シングルランプ」、「Dimmerスイッチ」、全部入り「Philips Hue ホワイトグラデーション スターターセット」計3種類。スターターセットはLED電球2個、LED電球をスマートフォンにつなぐためのブリッジデバイス「Philips Hueブリッジ」1台、Dimmerスイッチのセット製品。

■想定価格
シングルランプ(LED電球単体) 3400円
Dimmerスイッチ(リモコン単体) 2800円
Philips Hue ホワイトグラデーション スターターキット 1万4800円

Philips Hue ホワイトグラデーション
リモコンで明るさと色温度を変えられる
色温度は6500Kから2200Kまで

 4色の光はそれぞれ1日の生活リズムに合わせたもの。たとえばおだやかな昼白色なら朝にめざめる、まぶしい昼光色なら仕事などに集中する、電球色なら夜ごはんを食べたり、寝る前に読書をしてリラックスするなど。おはようからおやすみまであなたの暮らしを見守るフィリップスというわけ。

■色温度の種類
集中する(昼光色、6500K)
やる気を出す(昼白色、5000K)
本を読む(電球色、2200K~2700K)
くつろぐ(電球色、2200K~2700K)

 光の明るさは4色ともにボタンで調節できる。最後に操作したときの色温度と明るさを記憶するので、たとえば限界まで明るさを下げて明かりを消して寝ると、深夜トイレに行こうと明かりをつけたとき、ほんのり明るく照らされて便利。

 Zimmerスイッチはリモコンとして使うだけでなく、付属のプレートを使ってマグネット/両面シール/ねじで壁に固定すれば普通のスイッチにもなる。普通のリモコン調光ではなくネットワーク家電というところがフィリップス。DimmerスイッチとLED電球は赤外線ではなくZigBeeという通信規格でつながる。

リモコンはZigBee規格でLED電球と通信する
プレートは磁石/両面テープ/ねじで固定可能
磁石でくっつけられると壁が傷つかなくて便利
「Philips Hue ホワイトグラデーション スターターキット」は全部入り
スターターキットにはスマホにつなぐための「Hueブリッジ」も付属する

 Philips Hueシリーズはスマートフォンを通じてインターネットにつながるIoTデバイスだ。最新テクノロジーで欧州の明かり文化を楽しもうというコンセプトをもち、アプリで色や明るさを変えられた。Apple HomeKitにも対応し、iPhoneからSiriに照明のオン・オフを頼むこともできる、まさに未来の明かりだ。

 しかし普通の人からすると何がいいのかわかりづらいし、難しそうなだけで欲しい要素を見つけづらかった。というわけで今回は「ブリッジ」「接続」という難解な部分をざっくりカット、1本で昼光色と電球色を切り替えられるLED電球ができたという無難なセンの新製品を作るに至った。いい切り替えだと思う。

 ただ日本だとやっぱりシーリングライト(天井照明)が中心だ。電球を使うのはペンダントライト、ダイニングや浴室・トイレなど水まわりがほとんどで、いちばん恩恵を得られる寝室やリビングで使うのは難しそう。フロアランプや間接照明を使いたいんだけどと思っている人はかなり意識が高いほうだと思う。

 それでも「欧州の明かり文化」を広めたいということなら、たとえばピクサーのロゴでおなじみアングルポイズのフロアランプのように魅力的な照明をフィリップス特注モデルとして作ってしまい、セットで売るなどはどうか。わたしはいまちょうどアングルポイズが欲しいので、出たら衝動的にポチるかも。

 あとは日本に合わせてシーリングライト用を作るかだけど、うまみが少ないからきっとやらないだろうなあ。というわけでいろいろ文句をつけたけど、ダイニングや仕事部屋で電球をメインの明かりとして使う人にはいいものだと思う。LED電球の最新版として、買い替えのときに検討してみては。


■関連サイト



書いた人──盛田 諒(Ryo Morita)

1983年生まれ、家事が趣味のカジメン。来年パパに進化する予定です。Facebookでおたより募集中

人気の記事:
谷川俊太郎さん オタクな素顔」「爆売れ高級トースターで“アップルの呪縛”解けた」「常識破りの成功 映画館に革命を」「小さな胸、折れない心 feastハヤカワ五味

カテゴリートップへ

この連載の記事