このページの本文へ

盛田 諒の「アスキー家電部」第77回

ローソンで人気「糖質制限パン」作れるホームベーカリー

2017年01月23日 17時00分更新

文● 盛田 諒(Ryo Morita)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 糖質制限中でもクリームチーズとスモークサーモンのサンドイッチが食べられる。ローソンで人気の低糖質パン「ブランパン」(ふすまパン)を家で作れるホームベーカリーがツインバードから登場した。ブランパン1枚(80g)あたりの糖質は約4.5g。鳥越製粉社と共同開発のブランパンミックスとドライイーストも付いてくる。ブランパンミックスの価格は1斤用(200g)が3袋入りで1200円。

ブランパン対応ホームベーカリー PY-5634W
実売価格2万円 2月1日発売
ツインバード
http://www.twinbird.jp/products/py5634.html

 ブランパンミックスは、小麦・大麦・オーツ麦といった穀物の皮(ふすま)、玄米のぬかなどを主原料に、タンパク質となる小麦のグルテンをくわえたもの。卵、バター、塩、スキムミルクなどと一緒にホームベーカリーに入れると、発酵時間を含めてブランパン1斤を3時間で焼ける。原材料価格は1斤500円程度。コンビニで売っている2個120円程度のブランパンが12個分焼ける計算という。

 ブランパンの食感はしっとり、ふわふわ。茶色く、そのまま食べるとふすま特有の埃のようなにおいがあるが、味は普通のパンと比べても遜色がない。チーズ、シーチキン、マヨネーズ、卵などと合わせてサンドイッチにすればにおいはごまかせる。製品にはパンとおかず2品の糖質オフメニューを14種類掲載したレシピ集「低糖質朝ごはん」も付いてくる。工夫して食べるのが基本になる。

 余談ながら、うちの奥さんは妊娠9ヵ月。最近は昔とちがい「お母さんだから2人分食べなきゃね」と言われることはない。体重増加量の目安は標準体型なら7~10kgのように決まっていて、増えすぎているとむしろ減量をうながされる。うちも例外ではなく助産師さんにすすめられたのが糖質制限だった。このホームベーカリーもマタニティグッズになりそうだ。パンを焼く時間があればだけど。

基本操作は材料を入れてブランパンボタンを押すだけ
サイズは通常のホームベーカリーと変わらない
焼きあがったブランパン(ふすまパン)1斤
ふわふわだが、口に入れると独特のにおいがある
サンドイッチにしたり、チーズをはさんだりするとにおいがまぎれる
14日分の朝食をイメージしたレシピ集が付いてくる
糖質をおさえながら栄養価のある朝食がとれる内容
鳥越製粉社と共同開発のブランパンミックス。1斤分×3袋で1200円

SPEC
サイズ 約230×330×330mm
重量 約5.0kg(付属品含む)
消費電力 480W(ヒーター400W、モーター80W)
容量 食パン: 1.5斤 / 1斤
コード長 1.2m
メニュー ブランパン、ブランパン生地、食パン、早焼き、ソフトパン、スイートパン、全粒粉パン、フランスパン風、ごはんパン、パン生地、ピザ生地、うどん生地、もち、焼きいも、甘酒、こね、発酵、焼き




書いた人──盛田 諒(Ryo Morita)

1983年生まれ、家事が趣味のカジメン。今年パパに進化する予定です。Facebookでおたより募集中

人気の記事:
谷川俊太郎さん オタクな素顔」「爆売れ高級トースターで“アップルの呪縛”解けた」「常識破りの成功 映画館に革命を」「小さな胸、折れない心 feastハヤカワ五味

カテゴリートップへ

この連載の記事