このページの本文へ

継続できる英語Edtechセミナー2016年4月25日開催

ほんやくコンニャクはいつ現実するか Google、Skype翻訳のすごい現状

2016年04月21日 16時00分更新

文● ガチ鈴木/ASCII STARTUP

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 スマートフォンに日本語を話せば、英語に翻訳される。スマホ上に英文が文字表示されるだけでなく、音声での再生も可能。これはGogoleが無料で提供している『Google 翻訳』の音声翻訳の機能で、すでに誰もが持っているスマホで使えるものだ。現在、音声認識では40の言語に対応している。Android端末では言語パックをダウンロードしておけば、オフラインでも利用できる。実際に使ってみたところ、日本語の文章と音声認識が取れれば、しっかりと使える機能だ。

 そのほかGoogle 翻訳には、スマホのカメラから文字情報を認識して、映された外国語をリアルタイムに翻訳する機能も備える。こちらは現在26の言語に対応している。印刷されているテキストだけでなく、手書き文字ですら認識できる精度をもつ。国外旅行などひんぱんにコミュニケーションを取る必要のないケースであれば、英語ができなくても十分に行動できるだろう。

 また、『Skype』にはリアルタイムの音声翻訳システムであるSkype Translator(Skype 翻訳)がある。異なる言語を話す相手とチャットでインスタントメッセージ、通話中の再生音声を翻訳してくれる。こちらは音声翻訳は英語、フランス語、ドイツ語などでまだ日本語には対応していないが、メッセージングの翻訳は日本語もサポートされている。

 さらに、国内でも2015年11月に発表になった『メガホンヤク』は、話した日本語を、英語、中国語、韓国語など多言語に翻訳できる拡声器。成田国際空港とパナソニックの共同開発のもと、ターミナルでの案内を目的に使われるものとして、すでに試験運用も行なわれている。実用性が検証されれば国際空港に本格的に導入されるという。

継続できる英語Edtechセミナー 継続できる英語Edtechセミナー

 このように、テクノロジーの進化は外国語学習が必要ない世界を生み出そうとしている。もちろん密なコミュニケーションや、しっかりと自分の考えを伝えるような、友人関係やビジネスの現場など、まだまだ外国語を学習し自分の言葉で話す重要性ははるかに大きい。

 それでも、外国語を勉強しなくてもいい状況は訪れるのか、はたしてドラえもんに出てくる秘密道具の”ほんやくコンニャク”は実現するのか。2016年4月25日(月)開催のセミナーイベント“ASCII STARTUP ACADEMY 英語Edtech2016 継続できる英語学習テクノロジー”では、テクノロジー面についても英語学習サービスを展開する3社に直撃してみたいと思う。

●登壇者紹介

齋藤 俊仁氏(株式会社 レアジョブ プロダクト企画部 部長)
 
通信会社大手企業にて、CRM活動や事業推進担当を経て、2011年にレアジョブに参画。カスタマーサポートのリーダーとして、業務設計による大規模なシステム化を実現。現在は、「レアジョブ英会話」の全てのプロダクト企画から、商品、販売戦略、CRMまで幅広く統括している。

岡 健作氏(株式会社 恵学社 代表取締役)
 
同志社大学文学部英文学科在籍中から英語教育に関わる。2010年、京都で恵学社を創業。 “Study Smart” をコンセプトに、第二言語習得研究などの科学的知見を実際的な学びの場に落とし込んだ大学受験向け予備校“烏丸学び舎”を立ち上げる。2015年には、社会人向けの英語のパーソナルジム “ENGLISH COMPANY” を設立、10ヶ月で4スタジオをオープン。入会まで2ヶ月待ちの人気スクールにした。

山口 隼也氏(株式会社ポリグロッツ Founder & CEO)
 
九州大学卒。放射性物質の除染シミュレーションにおいて、原子力工学の学士を取得。P2Pネットワーク、Ad-tech、ビッグデータ関連のスペシャリスト。フューチャーアーキテクト、キーエンス子会社でのエンジニア/CTO経験を経て、自身の語学学習の経験を元に、2014年「続かない英語学習は終わりにしよう」をコンセプトにPOLYGLOTSを創業。

英語Edtech2016 継続できる英語学習テクノロジー

●開催概要
■日時:2016年4月25日(月)
受付開始 18時30分 開演 19時 終了予定 21時30分
※ビル正面玄関の受付は20時までとなりますのでご注意ください。遅れてのご参加の場合は主催者までご連絡をお願いいたします。
■場所:株式会社KADOKAWA KADOKAWA第3本社ビル 9F
東京都千代田区富士見1-8-19
■入場料:2000円(学生500円)
■募集人数:合計50名(予定)
■主催:KADOKAWA
■内容
パネルディスカッション
登壇者:
・齋藤 俊仁氏(株式会社 レアジョブ プロダクト企画部 部長)
・岡 健作氏(株式会社 恵学社 代表取締役))
・山口 隼也氏(株式会社ポリグロッツ Founder & CEO)

※セミナー後に交流の時間を用意しています。
※プログラム内容は予定です。都合により変更となる場合があります。

■■参加登録はコチラから!(Peatixの予約ページに遷移します)■■

■関連サイト
レアジョブ
恵学社
POLYGLOTS

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

STARTUP×知財戦略バナー

IoTイベント(300x100)

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ