このページの本文へ

自動翻訳機能付きメガホン、成田空港に配備

世界初、ほんやくメガホン~ ではなくてメガホン型翻訳機「メガホンヤク」

2015年11月13日 17時05分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
メガホンヤク利用イメージ

 成田国際空港は11月12日、日本語を多言語に翻訳して繰り返し拡声できるメガホン型翻訳機「メガホンヤク」を試験配備すると発表した。

 これはパナソニックが研究開発を進めている拡声器で、日本語でしゃべると英語・中国語・韓国語に翻訳し、日本語を含めた4ヶ国語を大音量で繰り返す。災害や天候不良でターミナルに滞在する必要がある旅行者への案内として利用する。

 すでに成田空港がリリースしているスマホ向けの多言語翻訳アプリ「NariTra(ナリトラ)」の翻訳システムと連携した検証も予定するという。

■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン