このページの本文へ

より自然な翻訳が可能に

「Microsoft Translator」がニューラル ネットワーク導入

2016年11月24日 14時39分更新

文● 貝塚/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本マイクロソフトは11月24日、公式ブログを通じて、同社の翻訳システム「Microsoft Translator」にニューラル ネットワークを導入したことを明かした。

 今回の導入は、Skype Translator、Office、Bing翻訳など、同サービスを利用しているすべてのアプリケーションに適用される。

 ニューラル ネットワークは、既存の業界標準の統計的機械翻訳(SMT)テクノロジーよりもはるかに高い翻訳品質で、文章を翻訳する前に全文の文脈をより適切に捉え、より自然な翻訳が可能だとしている。

 なお同社ではサイト上でニューラル ネットワーク導入後の訳文と、従来型の訳文を比較できるようにしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン