このページの本文へ

プリンストンのデジギア道 第21回

ペンと紙はここまで進化した! 新世代の必携ツール登場!

浮かんだアイディアを逃がさないスタイラス「Jot Script」

2013年12月25日 11時00分更新

文● 真島 颯一郎

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Jot Script×Evernoteのシアワセ

 ペン本体だけでも十分画期的なのだが、Jot Scriptはそれだけではない。「Adonit Jot Script Evernote Edition」という製品名どおり、クラウドサービス「Evernote」とコラボレーションしているのだ。

 Evernoteといえば、さまざまな情報を簡単に記録し検索できる上に、PCやスマートフォンからも閲覧、編集可能という便利ツール。小生もだいぶお世話になっているのだが、Jot ScriptはEvernoteと連携する手書き入力アプリ「Penultimate」に対応している。これによって、いつでもどこでも気軽にメモを取り、共有できるというスバラシイ環境ができあがる。

 さっそくPenultimateをダウンロードする。設定画面を開き、入力方法でJot Scriptを選択。画面が変わり「スタイラスペン探知しています」なんてメッセージが現れた。と思ったら、あっという間に登録完了。

Penultimateに登録中。もちろんJot Scriptを選択だ! 登録はすぐ終わる

 次は手首の位置の登録だ。これによってタッチパネル上に手を置いたとき描画されないようにするパームリジェクション機能が有効に機能する。面白いのはペンの握り方が左右それぞれ3種類ずつ出てくる点だ。これで手をつく位置を特定するらしい。

ペンの持ち方を選択中。これで手首の位置を特定し、パームリジェクションが作動する

 

パームリジェクション機能のおかげで、ペン先以外が画面に触れても大丈夫

 準備が整ったところで、いよいよペン先をタッチパネルに付けてみる。そのまま動かすと細いペン先を追って滑らかな線が引かれていく。反応は上々だ。そのまま文字を書いてみると……書きやすい! スラスラと文字が書けていく。驚いたのは走り書きのように急いで書いたものも途中で途切れることなくはっきりと描かれている。Pixelpointテクノロジー、あなどれない技術だ。

 従来までのスタイラスペンだと、筆跡が一拍間を置いてから反映されていた。素早くメモを取ろうとすれば、ユーザーは筆跡を“予想”しながら書くことになる。つまり、われわれ人間のほうが使っている道具に合わせていたわけだ。しかし、Jot Scriptなら、そんな心配は無用。走り書こうが、殴り書こうが、しっかり線が描かれる。思う存分書きまくることができるのだ。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン