このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

マイクロソフト・トゥディ第9回

Windows 8の秘策は「通信キャリア」を通じた展開強化!?

2012年08月09日 10時00分更新

文● 大河原克行

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2012年8月2日、Windows 8のRTM(Release to Manufacturing)版が完了した(関連記事)。

RTM版「Windows 8」のスタート画面Internet Explorer 10

 RTM版は、製品出荷版となる最終バージョン。つまり、Windows 8の開発が完了したといっていい。これをもとに、ハードメーカーなどがWindows 8を搭載したPCやタブレット端末の開発を行なえるようになる。そして10月26日には、Windows 8の一般発売が開始され、一斉にWindows 8が搭載されたPCやタブレットが発売される。

MSDN、TechNet

 また8月15日からは、ソフトの開発者などがMSDNサブスクリプションを通じてWindows 8をダウンロードできる。企業IT部門のITプロフェッショナルも、TechNetサブスクリプションを通じて入手できる。

MSDNTechNet

マイクロソフト ボリューム ライセンス サービス センター(VLSC)

 8月16日には、Windowsソフトウェアアシュアランスの既存ユーザーが、「マイクロソフト ボリューム ライセンス サービス センター」(VLSC、Volume License Service Center)を通じてWindows 8 Enterpriseエディションをダウンロードでき、Microsoft Partner Networkのメンバーも同様にこれを入手可能になる。

マイクロソフト ボリューム ライセンス サービス センター(VLSC)

マイクロソフト アクションパック ソリューション プロバイダー(MAPS)

 8月20日からは、「マイクロソフト アクションパック ソリューション プロバイダー」(MAPS、Microsoft Action Pack Provider)がWindows 8を入手できるようになり、9月1日には、ソフトウェアアシュアランスなしのボリュームライセンス顧客も、Microsoft Volume License Resellerを通じてWindows 8を購入できる。

マイクロソフト アクションパック ソリューション プロバイダー(MAPS)

 ユーザー企業は10月26日を待たなくても、8月中旬から順次、Windows 8を入手/導入できるというわけだ。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン