このページの本文へ

Windows 8の製品版が完成! 開発者向けは8月15日から提供

2012年08月02日 03時56分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
RTM版「Windows 8」のスタート画面例

 マイクロソフトは1日(現地時間)、Windows 8の製造候補版(RTM)がリリースされたことを、「Blogging Windows」ブログにて発表した。これによってWindows 8の開発とテストは完了し、製品発売に向けての最終段階に入った。

 ブログの記事によれば、今後のリリーススケジュールは以下のとおり(日付はいずれも米国時間)。

8月15日
開発者向けサービス「MSDNサブスクリプション」および、ITプロフェッショナル・テスター向けサービス「TechNetサブスクリプション」にて、Windows 8の最終版をダウンロード提供開始。
8月16日
ソフトウェアアシュアランスを契約する顧客向けに、Windows 8 Enterpriseをマイクロソフトボリュームライセンスサービスセンター(VLSC)にてダウンロード提供開始。マイクロソフトパートナーネットワークのメンバー向けに提供開始。
8月20日
マイクロソフトアクションパックプロバイダーのメンバー向けに提供開始。
9月1日
ソフトウェアアシュアランス以外のボリュームライセンスユーザー向けに提供開始。

 なお一般消費者向けの発売日は、7月の発表どおり10月26日の予定である。Windows 8のアップグレード版の価格は、39.99ドルの予定。また、本日以降にWindows 7搭載パソコンを購入したユーザーには、14.99ドルでWindows 8 Proへのアップグレードが提供されるという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART