このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

3Dに録画機能にLED! 冬ボで買いたい最新テレビ/BDレコ第8回

最新BDレコの実力――老舗の高画質に感動!? パナ&東芝編

2010年11月26日 12時00分更新

文● 鳥居一豊

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 特集の最後を飾るBDレコーダーは、パナソニック「DIGA」と東芝「REGZAブルーレイ」だ。この2社は、DVDレコ時代の黎明期から製品を発売してきた、言わば老舗。パナソニックとパイオニアがそれぞれ単体DVDレコーダーを発売し、東芝が初めてHDD+DVDのレコーダーを発売したのがそれぞれの第1号機となるモデルだ。

 今年、東芝がBD参入を果たし、久しぶりに両雄が並んだわけだが、最新モデルを見てもそれぞれの設計思想はしっかりと受け継がれており、同じBDレコであっても好対照と言えるほどに使用スタイルが異なる。今回は、この2メーカーの最上位モデルを詳しく紹介していく。


テレビと同じく簡単操作がウリ! パナソニック「DIGA」

3D対応のBWTシリーズ。最上位の「BWT3100」はインシュレーターが装着されているWチューナー機の「BW890」(上)とシングルチューナー機の「BR585」(下)。かなり外観が異なる
地デジ録画対応のシングルチューナー機「DMR-BF200」 地デジ録画対応のシングルチューナー機「DMR-BF200」

 DIGAはDVDレコーダー時代から、簡単操作を重視した設計になっており、それは現行モデルの操作メニューなどを見てもよく分かる。また、薄型・コンパクト化に意欲的なことも使い勝手の良さを重視したものだろう。

 DIGAのラインナップは、3D対応の「BWT」系と2Dのみの「BW」系、そしてシングルチューナーの「BR」系がある。また新たに地デジ専用のハーフサイズモデルとして「DMR-BF200」も追加され、全部で4つのラインナップとなる。


パナソニック「DIGA」のラインナップ
型番 HDD容量 HDMI出力 チューナー 実売価格
BWT3100 2TB 2系統、3D対応 Wチューナー 22万円前後
BWT2100 1TB 1系統、3D対応 Wチューナー 12万円前後
BWT1100 500GB 1系統、3D対応 Wチューナー 9.5万円前後
BW890 1TB 1系統 Wチューナー 11万円前後
BW690 500GB 1系統 Wチューナー 8万円前後
BR590 500GB 1系統 シングルチューナー 7万円前後
BR585 320GB 1系統 シングルチューナー 5.5万円前後
BF200 320GB 1系統 シングルチューナー(地デジのみ) 6万円前後

 それぞれのシリーズの違いはHDD容量のほか、i.LINK端子の有無や搭載数、BDXL対応かどうかなど。長時間録画については、シングルチューナーのBR590/585およびBF200が最長10倍となるが、その他のモデルはすべて最長12.5倍。ダブルチューナーモデルならば、2番組同時に長時間録画が行なえるのも共通だ。

 最上位シリーズのBWT系は、最上位モデルのBWT3100だけがプレミアムモデルとして位置付けられており、高画質回路の搭載や高音質化などが図られている。


モバイル機器への録画番組転送や
YouTube視聴ができる

「DMR-BWT3100」の操作メニュー。「録画した番組を見る」を選ぶと録画済みの番組のサムネイルがスライドショー表示される。その他の項目も、同様に簡単な機能の説明が表示される
「DMR-BWT3100」の操作メニュー。「録画した番組を見る」を選ぶと、録画済み番組のサムネイルがスライドショー表示される。そのほかの項目も同様に簡単な機能の説明が表示される

 まず、DIGA各モデル共通の操作メニューから見ていこう。メニューは目的別の名称で、設定メニューなどは「その他の機能」として別項目にしており、よく使う機能だけを見つけやすい場所に並べるようにしている。

「モバイル機器へ持ち出す」では、携帯電話などへの番組転送が行なえる。「かんたん転送」はあらかじめ録画時に登録した番組だけを最小の手間で転送できる 「モバイル機器へ持ち出す」では、携帯電話などへの番組転送が行なえる。「かんたん転送」はあらかじめ録画時に登録した番組だけを最小の手間で転送できる

 モバイル機器への転送は、携帯電話ほか、SDメモリーカードスロット搭載の同社ポータブルテレビなどへ番組を転送できる。放送メディアを問わず、ワンセグまたは高画質(VGA)サイズでの転送が可能だ。

ネットワーク機能は、DLNA機能の呼び出しと「アクトビラビデオ・フル」などの動画配信サービスの利用ができる
動画配信ではアクトビラビデオ・フルのほか、「TSUTAYA TV」や「YouTube」の視聴が可能 「YouTube」の視聴画面。カテゴリー別などの表示切り替えで、手軽にタイトルを探せる
動画配信ではアクトビラビデオ・フルのほか、「TSUTAYA TV」や「YouTube」の視聴が可能「YouTube」の視聴画面。カテゴリー別などの表示切り替えで、手軽にタイトルを探せる

 そして、ネットワーク機能では動画配信サービスとして「YouTube」の視聴もできるのが大きな特徴。DLNAのサーバー機能にも対応している。

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン