このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

3Dに録画機能にLED! 冬ボで買いたい最新テレビ/BDレコ第7回

最新BDレコの実力――3DとBDXL対応のシャープ&ソニー編

2010年11月25日 12時00分更新

文● 鳥居一豊

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 今回から2回に分けて、最新のBDレコーダーについて紹介していく。まずはシャープ「AQUOSブルーレイ」とソニー「BDZ」シリーズだ。

 BDレコは昨年のシャープを皮切りに、“ダブル長時間録画”対応などマルチタスクの強化が図られてきたが、今年はそれに加えて“3D”や片面3層(100GB)の“BDXL”メディアへの対応と新機能も増えている。シャープ、ソニーともに、そんな最新のフィーチャーをいち早く盛り込んだ機種となっている。


これからのBDレコに必須の購入時のチェックポイントは!?

 これから買うBDレコのチェックポイントは、“スピード”と“マルチタスク”だ。薄型テレビを手に入れた多くの人が次に注目する録画機は、今後ますます需要が伸びると予測されている。そこで多くのメーカーが、VHSデッキやデジタル非対応のDVDレコから買い替えるユーザーに向けて製品を開発している。

 アナログ放送時代のVHSデッキは、現在のレコーダーに比べれば単機能だが、その分操作のレスポンスが速く、電源オンですぐに使えるし、早送りや巻き戻しももたつくことなく動作する。

 デジタル非対応のDVDレコーダーも、起動時間こそ遅いものの、放送信号のデコードなどの処理が不要な分、動作は軽快だった。

 だから、BDレコに買い替えると起動の遅さや動作のレスポンスの悪さがとても気になるという。また、最新のデジタル機器の機能に詳しくないこともあり、「ダブル録画」「長時間録画」と聞くと、普通に2つの番組を同時に長時間録画ができると勘違いしてしまう。そのため、購入後にできないと気付き、商品への不満となりやすいようだ。

 そういった点に、いち早く改善を図ってきたのがシャープだ。高速起動自体は、数年前から搭載してきているが、その当時からシャープは起動時間がわずか数秒という「クイック起動」を搭載。

 そして、ダブル長時間録画に加えて録画中のBD再生も可能というマルチタスクもいち早く対応し、今年は「BDXL」対応機をいち早く投入するなど、このところのBDレコーダーのトレンドはシャープが作ってきたとさえ思える。まずは、そのシャープから見ていこう。


最新モデルはすべて3Dに対応!
ダブル長時間も当たり前の「シャープ AQUOSブルーレイ」

「BD-HDW700」(上)と「BD-HDW70」(下)。HDW700は底面にインシュレーターを配置するなど、最上位機種だけの高音質設計になっている 「BD-HDW65」(上)と「BD-HDS65」(下)。前面パネルのフレームなど、微妙に外観が異なる
「BD-HDW700」(上)と「BD-HDW70」(下)。HDW700は底面にインシュレーターを配置するなど、最上位機種だけの高音質設計になっている「BD-HDW65」(上)と「BD-HDS65」(下)。前面パネルのフレームなど、微妙に外観が異なる

 シャープのBDレコーダーは、今回取り上げる最上位モデルの「BD-HDW700」(2TB)を頂点に、主にHDD容量が異なる「BD-HDW70」(1TB)、「BD-HDW65」(500GB)、「BD-HDW63」(320GB)と、シングルチューナーの「BD-HDS65」(500GB)が最新のラインナップとなる。

 なお、まだラインナップとしては存続している「HDW55/53」「HDS55/53」、およびVHS一体型の「HDV22」は一世代前のモデルとなるため、今回は省略させていただく。


シャープ「AQUOSブルーレイ」のラインナップ
型番 HDD容量 HDMI出力 チューナー 実売価格
BD-HDW700 2TB 2系統、3D対応 Wチューナー 18万円前後
BD-HDW70 1TB 2系統、3D対応 Wチューナー 12万円前後
BD-HDW65 500GB 1系統、3D対応 Wチューナー 8万円前後
BD-HDW63 320GB 1系統、3D対応 Wチューナー 7万円前後
BD-HDS65 500GB 1系統、3D対応 シングルチューナー 8万円前後
BD-AV70 ―― 1系統、3D対応 シングルチューナー 8万円前後

 このほかに、タテ置きも可能なシングルチューナーの薄型BDレコ「BD-AV70」という、新基軸の製品も12月1日に発売する。いずれも3D、BDXLの両方に対応している。

最薄部35mmという新基軸のBDレコーダー「BD-AV70」。ちなみに右はBD-AV70の内部。さすがにHDDは内蔵しないが、薄いボディに空冷ファンも入っている

 HDD非搭載のBD-AV70は、HDD+BDのBDレコに比べれば録画容量こそ見劣りするが、100GBのBDXL対応でしかも長時間録画も可能となれば、カジュアルなテレビ録画では実用上不満はないだろう。

 ディスクを入れて即録画、という使い方がVHSユーザーにとってはわかりやすいとの評判もある。薄型で置き場所をとらず、見た目もスタイリッシュになので、BDレコの新しいユーザー層を開拓するモデルとなりそうだ。

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン