このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

3Dに録画機能にLED! 冬ボで買いたい最新テレビ/BDレコ第6回

日立「Wooo」&三菱「REAL」――画質、機能で驚愕の実力!

2010年11月24日 12時00分更新

文● 鳥居一豊

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 今回は日立製作所の「Wooo」と三菱電機の「REAL」を取り上げる。どちらも長いテレビ作りの歴史を持ち、独自の個性を持った製品を提供している。

 日立は東芝と並んで録画機能をいち早く採り入れたほか、最新モデルでは「S-LED」(スリムブロックLED)パネルを採用。

 三菱は、細いフレームデザインや光沢パネルの採用など、現在の液晶テレビのトレンドを生み出すなど、大胆な試みをいち早く採り入れるフットワークの良さがある。どちらも知名度や売れ行きだけでは評価できないメーカーなのだ。


録画モデルを主体としてラインナップ
ネットワーク機能にも力を注ぐ「Wooo」

今回メインで取り上げる「Wooo L42-ZP05」(左)。画面エリアをブロック状に分割したバックライトを採用する「S-LED」パネル(右)が特徴だ

 まずは日立のWoooを見ていこう。同社のラインナップは、主に42V型以上がプラズマ、42V型以下が液晶パネルを採用する。

 売れ筋の42V型でプラズマと液晶の両方をラインナップしているのがユニーク。エントリークラスの「H05」シリーズ(在庫品限り)を除いて、すべてが内蔵HDDとiVDR-Sへの録画機能に対応しており、今や日立=すべて録画テレビと言ってもいい。


日立「Wooo」のラインナップ
シリーズ名 パネル 画面サイズ 録画機能 実売価格
ZP05 液晶
S-LED
42V/37V iVDR-S
内蔵HDD(500GB)
24/21万円前後
XP05
(プラズマ)
プラズマ 50V/46V/42V iVDR-S
内蔵HDD(500GB)
21/18/14万円前後
XP05
(液晶)
液晶(37V以上がフルHD)
LED(42V)
42V/37V/32V iVDR-S
内蔵HDD(320GB)
18/12/10万円前後
HP05 プラズマ(42V、1024×768ドット)
液晶(32V以下、1366×768ドット)
42V/32V/26V/22V iVDR-S
内蔵HDD(250GB)
10/10/8/8万円前後
UT800 液晶 47V/42V/37V/32V iVDR-S
内蔵HDD(250GB)
25/20/15/13万円前後
H05 液晶(1366×768ドット) 32V/26V/22V/19V ―― 8/7/8/5万円前後

 ネットワーク機能では、同社のネットワークポータルである「Wooonet」に全モデルが対応。DLNAにも全モデルが対応しており、WoooならばどのテレビでもBDレコーダーなどで録画した番組をネットワーク経由で楽しめる。

 さらに録画機能付きのモデルでは、DLNAクライアント機能とDLNAサーバー機能を持っており、内蔵するHDDに録画した番組を他のDLNAクライアント機器にネットワーク配信することもできる。

 基本的には、どのモデルも同等の機能を備えているが、上位モデルの「ZP05」(42V/37V)と「XP05」(50V/46V/42V/37V/32V)シリーズは、より強化された録画機能や最新のGUIを搭載している。今回は、それらのモデルの中から、最新の「L42-ZP05」(実売価格24万円前後)をメインに取り上げる。

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン