このページの本文へ

DLNA対応などネット機能を大幅に強化

USB HDDに録画できる! パナのCATV STB新モデル登場

2010年12月03日 15時01分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
左から、「TZ-LS300F」、「TZ-LS300P」、「TZ-LS200P」

今回発表された新CATVセットトップボックス。左から、「TZ-LS300F」、「TZ-LS300P」、「TZ-LS200P」

 パナソニックから、CATV向けデジタルセットトップボックス3製品が発表された。CATV事業者向けに2011年2月から提供を開始する。

従来機種と比較して本体のサイズや消費電力が小さくなっている

従来機種と比較して本体のサイズや消費電力が小さくなっている

 新製品は、ケーブルモデルを内蔵する「TZ-LS300F」と、モデムを内蔵しない「TZ-LS300P」、エントリークラスで後述する録画機能や無線LAN対応、DLNAクライアント機能がない「TZ-LS200P」(モデム非搭載)。

アイ・オー・データ機器やバッファローといったメーカーのUSB HDDへの録画が可能となった

アイ・オー・データ機器やバッファローといったメーカーのUSB HDDへの録画が可能となった

外付けHDDに録画した番組を同社の「DIGA」などにダビングして、BDに書き出すことができる

 LS300F/LS300Pは外付けUSB HDDへの録画(DRモード)に対応。録画した番組はLAN上の同社BD内蔵STBやBDレコーダーにダビングしたり、BDメディアに書き出したりすることもできる。

別の部屋にあるDLNAサーバーの映像をLAN経由で試聴できる

別の部屋にあるDLNAサーバーの映像をLAN経由で試聴できる

 また、両機はDLNAのクライアント機能を搭載し、パナソニックのテレビやデジタルレコーダー(「お部屋ジャンプリンク」のサーバー機能搭載機種)で録画した映像などを、LAN経由で再生可能。

背面のUSB端子に無線LANアダプターを接続できる

背面のUSB端子に無線LANアダプターを接続できる

 さらに、別売の無線LANアダプター(DY-WL10、実売1万円前後)との接続にも対応し、無線LAN環境があればワイヤレスで接続できる。

 LS200Pも含めた全機種共通の新機能としては、同社の3D対応テレビ「3D VIERA」に対応。VIERAの3Dモードへの切り替えがリモコンから行なえるほか、番組表やメニューも3D表示が可能となっている。

CATV事業者のオリジナルポータル画面を表示できる

CATV事業者のオリジナルポータル画面を表示できる

 そのほか、番組表やメニューなどの音声読み上げ機能や、CATV事業者が独自に用意するポータル画面を表示できる「CATV ユニバーサルポータル」機能が搭載され、「こまめにオフ」(入力が他機器などに切り替わった際にSTBの電源をオフにする)や「ECOスタンバイ」(VIERAがスタンバイ状態のときにはSTBも待機電力モードになる)といった、VIERAの節電機能にも対応した。

 また、次世代放送で採用される予定の「H.264/256QAM」の符号化方式についても、今後ソフトウェアバージョンアップで対応するとのこと。

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中