このページの本文へ

ガン×ソード、話題の17話水着キャラがコレクションフィギュアに!

2006年11月17日 23時23分更新

文● 師 忍

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「ガン×ソード」は、昨年7月から12月にかけてTV放映されていた全26話のSFアニメ。人の形をした大型ロボット“ヨロイ”を操る主人公ヴァンと行動を共にするヒロインのウェンディを中心に、2人が共通して追っている“カギ爪の男”を探す旅を続けるというストーリーだ。DVDの最終巻である13巻も10月25日に発売となり、TV放映を見られなかった人もやっとストーリーを完結することができた。
 もちろんTVを見ていた人もDVDを購入して、久しぶりにストーリーを満喫できたことだろう。最終回というのは作品の終わりであり感慨もひとしお。思わず1話から見直してしまった、という熱いファンもきっといるはず。そこで思い出されるのが、あちこちで話題となった17話だ。

アソビットキャラシティ店頭に置いてあったショーケース。取材時点ではキャラが転んでしまって大変なことに。しかしそのおかげで通常だと見えにくい所も見やすかった
こぼれ落ちそうな胸に張られたロバマークが、かえってイヤらしさアップ。このシールの正しい使い方といえるだろう

 ガン×ソード 17話「座標Xを追え」は、制作スタッフの暴走がすごかったとファンでも評判の回。登場する女性キャラがほとんどきわどい水着着用で、ファンに眼福を与えてくれた。またきわどいカットには「ロバ」の顔でマスク処理を施しており、収録しているDVD9巻ではこの「ロバの顔」をはずし隠していないオリジナルバージョンとTVバージョンの2種類が収録されている。
 今回グッドスマイルカンパニーが発売した「COLLECT600 ガン×ソード#17」は、この17話の水着キャラを余すところなく再現したコレクションフィギュア。原型制作はマックスファクトリーで、同社の「ガン×ソード」シリーズ第4弾となる。
 コンパクトなコレクションフィギュアだからといって侮る事なかれ。各キャラの魅力を存分に発揮する水着が、3Dになったことで、アニメよりもセクシーさがアップしていると言ってもいいだろう。なにせ、手にとって好きな角度からじっくりと眺められるのだ! 今にもこぼれ落ちそうな胸の谷間を上から下から後ろからとみるのもたまらない。大人の色気から、清楚な少女、そしてピンポイントなスクール水着! スクール水着の魅力を出す、平らな胸もまたスバラシイといえるだろう。またTV放映で活躍したロバマークも、シールとなってついている。2セットそろえてTVモデル、オリジナルモデルとしての展示を楽しむのもアリだ。店頭での販売価格は600円程度となっていた。

シールのおかげで下をはいていないように見えますが、そんなことはありません5キャラ+シークレットの全6キャラ。ロバシールと専用ベース付きだ
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ