このページの本文へ

PCマニアをキャラクター化!? アクションフィギュア「GeekMan(ギークマン)」販売中

2004年06月11日 23時49分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「GeekMan(ギークマン)」
「GeekMan(ギークマン)」アクションフィギュア。ブリスターパッケージ入り

 ぷらっとホームに、いわゆる典型的な?PCマニア像をキャラクター化したと思われるアクションフィギュア「GeekMan(ギークマン)」が入荷した。
 「Geek(ギーク)」とは英語でPCマニアを差す言葉。販売元のHappy Workerのウェブサイトによると、不況の波にさらされる技術者たちを勇気づけるため、PCマニアのヒーローとなるキャラクターを作る、という成り立ちで産まれたキャラクターとのこと。大勢のPCマニアたちを調査した上で、その標準像としてキャラクターイメージが決定されたという。
 七三分けに黒縁眼鏡、ジーンズにTシャツというだらしないファッションがトレードマーク。関節で全身が可動し、マグカップ、PDA、ノートPCといったアイテムを装備、マグカップを手に持たせたり、ノートPCを膝の上に乗せるなどのアクションが可能。さらに腰にはマグネットが入っており、ラックキャビネットやデスクに貼り付けることが可能だ。



全身可動 フル装備
七三分けに黒縁眼鏡、ジーンズにTシャツというだらしないファッションがトレードマーク。関節で全身が可動するマグカップ、PDA、ノートPCといったアイテムを装備する

 さて「GeekMan(ギークマン)」とは何物かというと、同店ウェブサイトの紹介によれば……

 コードネーム:GeekMan(ギークマン)
 長所:「不信心な態度でプログラミングする能力」「異性反発能力」「分析推理能力」「テクニカルな頭文字を作成する能力」「衛生を保てないルーチン」
 弱点:「ドッジボールが苦手」「知らない事を質問される事」「インターネットの中の女性」
 座右の銘:「テクノジークパワー、活性化!」「それはバグではありません。仕様です」

 ……とのこと。さらに同店ウェブサイトでは、IT創生期に生を受け、情報革命の旗手となり増殖し、ITバブル崩壊を乗り越えて現在に至るという壮大な(?)プロフィールも紹介されている
 またパッケージにはユーザ登録用紙なるものが同梱されており、販売元のHappy Workerに登録すれば、“あなたも名実ともにGeekMan(ギークマン)!”と認定される仕組み。このGeekMan(ギークマン)の輪はワールドワイドで展開中……らしい。同店での価格は1980円。



【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ