このページの本文へ

「塵骸魔京」のヒロイン“イグニス”を手元にいかが?

2006年11月11日 00時00分更新

文● 師 忍

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ニトロプラスが昨年6月に発売した美少女ADV「塵骸魔京」のヒロイン“イグニス”の新作フィギュアが発売となった。今回のイグニスの発売元はフィギュアを多数発売しているアルター。原型を製作したのは高橋剛氏で、1/8スケールの塗装済み完成品だ。以前、マックスファクトリーや海洋堂からも発売されており、アソビットキャラシティでは3体のイグニスを並べて展示していた。同店での販売価格は5219円。

3体のイグニスが並んだショーケース。各バージョンに違った魅力があるが、やはりポイントは胸だろう。しかし足も捨てがたく、風になびくスカート?からの太股の見え方がイイ

 製品自体はカタナを足下に下げた構えで、特に右足のラインの見せ方が綺麗だ。見えそうで見えないチラリズムが、さらにセクシーさを際だてている。
 登場した作品である「塵骸魔京」は、ニトロプラスの製作した美少女ゲーム。人々が生活する日常の裏で、魔物達が跋扈する世界となっており、イグニスはそんな魔物から人間を守るために戦っている存在の1人であり、主要ヒロイン。他の主要ヒロインもそれぞれ魔物と戦う存在で、主人公はそんなヒロインと関わることで、魔物達との戦いに巻き込まれていくというストーリーだ。
 ニトロプラスは、コンシューマゲーム機にも移植され、TVアニメにもなった「デモンズベイン」が有名。クトゥルフ神話や吸血鬼、魔物といった伝奇的要素をもった作品が多い。なおイグニスのフィギュアは、今後オーキッドシードからも11~12月に発売予定となっている。

目線はかなり下を向いているため、顔をしっかり見るには下から見上げる必要がある。しかし、胸元を見るならやはり上から見たいところ。悩ましいところだ
店頭のポップでもオススメの白パンツ。戦闘中のチラリズムが伝わってくるデザインだ
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ