このページの本文へ

「Piaキャロットへようこそ!!G.O. ~グランドオープン~」の「西明寺美湖」女学生バージョンはスカートがよく似合う!

2006年11月24日 21時11分更新

文● 師 忍

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 PC98のMS-DOS時代より続く長寿の美少女ゲーム“Piaキャロットへようこそ”シリーズ。プラットフォームはパソコンのみならず、ドリームキャストなどコンシューマゲーム機やOVA、劇場アニメと多彩な展開をみせている。

 その人気のポイントはズバリ、出てくるヒロインキャラの多彩なコスチュームだ。この作品はファミリーレストラン“Piaキャロット”を中心に、店員やお客さんと仲良くなっていく美少女ゲーム。そのため、ヒロインにはファミリーレストランの複数バージョンの制服や私服姿などを楽しめる。特にファミリーレストラン制服には、コスプレファンにも愛されており、今のメイド喫茶に通じる要素もあるだろう。

箱は当然、周囲からチェックできるように窓が用意されている。スカートの翻りは左側からじっくり確認だ目線を下げたくなるスカートだが、しかしすんなりと見えないことこそがチラリズムの極意だ

 今回コトブキヤから登場したフィギュアは、そんな“Piaキャロットへようこそ”シリーズの最新作「Piaキャロットへようこそ!!G.O. ~グランドオープン~」の中から、天然系のヒロイン「西明寺美湖」をフューチャしたもの。塗装済みの1/8スケールモデルで、原型製作者は右藏氏だ。歴代シリーズの中でも豊富なコスチュームを誇るタイトルだが、今回選ばれたコスチュームは“女学生タイプ”。振り袖袴風デザインに、大きなリボン――これだけでもスバラシイのに、加えて腰に巻いたエプロン! このアイテムによる効果が、大きく強調されることになった“胸”だ。同シリーズの制服は、エプロンにより大きな胸の魅力を堪能できるモノが多いが、この女学生姿でも例外ではない。グッと引き締められたウエストに、エプロンに乗りかかるような胸、コレが魅力的なのだ。

やはり目を奪われるのは胸。本来、和服といえば胸は目立たなくなるモノだが、エプロンによって大きく強調されている

 また視線を下げると、風に翻るスカートもイイ。ちょっとした自然の悪戯的シチュエーションだが、見えそうで見えないチラリズム、これが大事なのだ。編み上げたブーツの上に見える素肌の膝から太股。普段見えないところが、ちょっとした偶然見えるという魅力を存分に発揮しているシーンだ。ホビーショップコトブキヤラジオ会館店では4410円で販売中だ。

柔らかさが伝わってくるスカート。風の悪戯といった感じの自然さがスバラシイのだ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ