このページの本文へ

東芝がHard Hat Linuxを技術支援

2001年03月14日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

モンタビスタソフトウエアジャパン(株)は3月13日、東芝エンジニアリング(株)とソリューション提供に関して業務提携したことを発表した。

東芝エンジニアリングは、モンタビスタソフトウェアジャパンが提供する組込みシステム向けのLinuxであるHard Hat Linuxに対して、ミドルウェア/デバイスドライバやカスタムハードウェア設計の面での技術的支援を行なう。

具体的には、Bluetoothを始めとする各種通信プロトコル用のドライバやブラウザなどのインターネット・ミドルウエア開発、およびカスタムボードの統合を行ない、Hard Hat Linuxのソリューションの拡大を図る方針であるという。

カテゴリートップへ

ピックアップ