このページの本文へ

ASUSTeK「P5Q3 Deluxe/WiFi-AP」

DDR3専用の無線LAN対応「P45」マザーがASUSTeKから

2008年06月24日 22時30分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASUSTeKの「P45」搭載マザーボードのラインナップが続々増加中だ。今度はP5Qシリーズ初のDDR3メモリ対応モデルとなる「P5Q3 Deluxe/WiFi-AP」が発売となった。

「P5Q3 Deluxe/WiFi-AP」 ポップ
P5Qシリーズ初のDDR3メモリ対応モデルとなる「P5Q3 Deluxe/WiFi-AP」が発売。基本的な作りやスペックは、すでに販売中の「P5Q Deluxe」と同じだ

 基本的な作りやスペックは、すでに販売中の「P5Q Deluxe」と同じ。対応メモリがDDR2→DDR3へとなったのが変更点で、4本用意されるDDR3 DIMMスロットはオーバークロック動作を含むDDR3-2000(OC)/1600(OC)/1333/1066MHz(最大16GB)に対応している。
 North-South-PWM周りへと延びるヒートパイプや、16フェーズ電源回路、オール日本製アルミ固体電解コンデンサの採用、電源投入後約5秒で使用可能という独自のLinuxベースのユーティリティ「Express Gate」、省電力機能「EPU 6Engine」などが従来通り搭載されているほか、型番「WiFi-AP」からも分かるようにIEEE802.11b/g/n(draft)対応のワイヤレス無線LAN機能も搭載されている。

基板 メモリスロット
対応メモリがDDR2→DDR3へとなったのが変更点で、4本用意されるDDR3 DIMMスロットはオーバークロック動作を含むDDR3-2000(OC)/1600(OC)/1333/1066MHz(最大16GB)に対応している

 その他、主なスペックを記載するとSouth bridgeには「ICH10R」を採用。拡張スロットがPCI Express(2.0)x16×2(CrossFire時はx8+x8)、PCI Express x4×1(x16形状)、PCI Express x1×2、PCI×2という構成。
 オンボードインターフェイスには、前述の無線LAN機能のほか、デュアルギガビットイーサネット(Marvell/88E8056+88E8001)や8chサウンド(ADI/AD2000B)、IEEE1394、Serial ATA II×8(RAID対応)、eSATA×1、IDE×1と豊富に搭載している。価格および販売ショップは以下の通りだ。

I/O部 ポップ
I/O部の一番右にIEEE802.11b/g/n(draft)対応のワイヤレス無線LAN機能を搭載。左端のPS/2コネクタはマウスとキーボードどちらも接続可能となっている
価格ショップ
「P5Q3 Deluxe/WiFi-AP」
¥27,273クレバリー1号店
¥28,980T-ZONE.PC DIY SHOP
BLESS秋葉原本店
¥29,980アーク
TSUKUMO eX.
フェイスカスタム館
フェイスパーツ館
TWOTOP秋葉原本店
ソフマップリユース総合館

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中