このページの本文へ

Gigabyte「GA-EP45-EXTREME」「GA-EP45T-EXTREME」

超大型ヒートシンク付属の「P45」マザーがGigabyteから!

2008年07月02日 23時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 超大型のファンレスヒートシンクが付属する「P45」搭載マザーボード「GA-EP45-EXTREME」と「GA-EP45T-EXTREME」の2製品がGigabyteから発売となった。

2モデル 基板
超大型のファンレスヒートシンクが付属する「P45」搭載マザーボード「GA-EP45-EXTREME」と「GA-EP45T-EXTREME」がGigabyteから発売

 最大の特徴は、やはり「Screen Cooling」という大型のファンレスヒートシンク。ビデオカード用クーラーのようなヒートパイプを使ったこのヒートシンクは、Northbridgeに固定して使用する。なお、Northbridgeに装着されたシンクには別に水冷チューブ用の穴も装備。同社では、先の大型ヒートシンクも含めたこれらの冷却機構を「Hybrid Silent-Pipe」と呼んでいる。

「Screen Cooling」 図解
「Screen Cooling」という大型のファンレスヒートシンク。ビデオカード用クーラーのようなヒートパイプを使ったこのヒートシンクは、Northbridgeに固定して使用する

 両モデルの違いは対応メモリ。4本用意されるメモリスロットは「GA-EP45-EXTREME」がDDR2-1200/1066/800/667、「GA-EP45T-EXTREME」がDDR3-1900(OC)/1600/1333/1066/800対応となる。その他、主なスペックは共通で、South bridgeが「ICH10R」。拡張スロットがPCI Express(2.0)x16×1、PCI Express x8×1(x16形状)、PCI Express x4×1(x16形状)、PCI Express x1×1、PCI×3。
 オンボードインターフェイスには、デュアルギガビットイーサネット(Realtek/RTL8111C)のほか、8chサウンド(Realtek/ALC889A)、IEEE1394、Serial ATA II×6(RAID対応)、IDE×1など。消費電力制御機能「Dynamic Energy Saver Advanced」を搭載するのも従来通りだ。価格は両モデルともアーク、ツクモパソコン本店II、TSUKUMO eX.、T-ZONE.PC DIY SHOPで3万7980円となっている。

Northbridge I/O部
Northbridgeに装着されたシンクには別に水冷チューブ用の穴も装備。オンボードインターフェイスも豊富に用意されている

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中