このページの本文へ

ASUSTeK「P5Q-E」

ASUSTeK「P45」マザー本命モデル「P5Q-E」が登場!

2008年06月20日 23時45分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASUSTeKから、チップセットに「P45」+「ICH10R」を採用するLGA 775対応マザーボード「P5Q-E」が登場、今日から多数のショップで販売が始まっている。

「P5Q-E」 基板
SUSTeKから、チップセットに「P45」+「ICH10R」を採用するLGA 775対応マザーボード「P5Q-E」が登場、今日から多数のショップで販売がスタート

 すでに同社からは「P5Q」「P5Q Pro」「P5Q Deluxe」という3つの「P45」マザーが発売されているが、今回登場した「P5Q-E」は中でも一番の売れ筋と目されるモデル。

各端子 各スロット
ヒートパイプがNorth-PWM間に短縮、電源回路が8フェーズとなるなどの違いはあるものの、基本的なスペックは「P5Q Deluxe」と同じ

 ヒートパイプがNorth-PWM間に短縮、電源回路が8フェーズとなるなどの違いはあるものの、基本的なスペックは「P5Q Deluxe」と同じ。拡張スロットがPCI Express(2.0)x16×2(CrossFire時はx8+x8)、PCI Express x4×1(x16形状)、PCI Express x1×2、PCI×2。メモリはDDR2 DIMM×4(DDR2-1200(OC)/1066(OC)/800/667、最大16GBまで)。オンボードインターフェイスには、デュアルギガビットイーサネット(Marvell/88E8056+88E8001)のほか、8chサウンド(ADI/AD2000B)、IEEE1394、Serial ATA II×8(RAID対応)、eSATA×1、IDE×1を搭載。FSBはオーバークロックを含む1600/1333/1066/800MHzに対応する。
 価格および販売ショップは以下の通り。バランスの取れたスペックと約2万円という販売価格で、今回も人気となりそうなモデルとなっている。

I/O部 ポップ
バランスの取れたスペックと約2万円という販売価格で、今回も人気となりそうなモデルとなっている
価格ショップ
「P5Q-E」
¥19,923クレバリー1号店
クレバリーインターネット館
¥20,280スリートップ2号店
¥20,480T-ZONE.PC DIY SHOP
¥20,780ツクモパソコン本店II
TSUKUMO eX.
¥20,970フェイスパーツ館
フェイスカスタム館
¥20,980アーク
BLESS秋葉原本店
TWOTOP秋葉原本店
¥21,780ドスパラ秋葉原本店
¥21,980パソコンハウス東映

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中