このページの本文へ

Thermaltake「PW850i」

そろそろいかが? 新型水冷ユニット発売開始

2008年05月24日 22時30分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 そろそろ気温も高くなり、PCケース内の温度も気になり始める季節だが、そんな中Thermaltakeから新型の水冷ユニット「PW850i」(型番:CL-W0175)が発売となった。

「PW850i」 ポップ
Thermaltakeから新型の水冷ユニット「PW850i」(型番:CL-W0175)が発売。必要なものがすべて揃ったオールインワンモデルのため、水冷デビューを考えているユーザーにもオススメだ

 この製品は、CPU用の水冷ヘッド、ラジエーター、ポンプ、冷却液とそれらを接続するためのチューブやフローメーターなどがセットになった水冷キット。
 水冷ヘッドは純銅製で、対応CPUはLGA 775/Socket AM2/939/940/754。ラジエーターはアルミ製のヒートシンクに回転数1300rpm~2400rpm(ノイズレベル16~30dB)の冷却ファンを搭載している。ポンプは、サイズが70(W)×75(D)×75(H)mmで、吐出量が500リットル/h(ノイズレベル16dB)というスペック。

対応CPU
タンクの容量は350ccで、製品にはあらかじめ500ccの冷却液が付属している。対応CPUはLGA 775/Socket AM2/939/940/754となる

 販売しているのはアークとCUSTOM、T-ZONE.PC DIY SHOPで、価格はいずれも1万8480円。オールインワンとなっているので、水冷デビューを考えているユーザーにもオススメだ。なお、T-ZONE.PC DIY SHOPでは実際に「PW850i」を使用したPCが展示されている。イメージを掴むには分かりやすいので、興味のある人は一度見てみるとよいだろう。

デモ機 T-ZONE.PC DIY SHOPやCUSTOMでは実際に「PW850i」を使用したPCが展示されている。イメージを掴むには分かりやすいので、興味のある人は一度見てみるとよいだろう

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中