このページの本文へ

サイズ「KAMA ANGLE」

L字型ヒートシンク採用の巨大クーラー「KAMA ANGLE」!

2008年10月10日 22時30分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 先月行われたイベントで初お披露目となったサイズのL字型ヒートシンクが斬新なCPUクーラー「KAMA ANGLE」(型番:SCANG-1000)のサンプル版が各ショップに入荷。来週16日から販売が始まる。

「KAMA ANGLE」 製品
L字型のアルミ製ヒートシンクがなんともユニークなLGA 775/Socket 478/754/939/940/AM2対応のCPUクーラー「KAMA ANGLE」(型番:SCANG-1000)のサンプル版

 この製品は、L字型のアルミ製ヒートシンクがなんともユニークなLGA 775/Socket 478/754/939/940/AM2対応のCPUクーラー。ユーザーが任意に方向を変えて装着することで、様々な角度からのエアフローを実現するというのが特徴だ。

エアフロー 図解
ユーザーが任意に方向を変えて装着することで、様々な角度からのエアフローを実現するという

 製品には、あらかじめ回転数200rpm~1200rpm(ノイズ6.4dB~24dB)の120mm角ファン1基が標準で付属しているが、残りの2面にも任意に120mm角ファンを装着可能。ヒートパイプは6mm径×4本で、サイズは123×123×160(H)mm、重量は640g。
 アークやZOA秋葉原本店、ツクモパソコン本店、T-ZONE.PC DIY SHOP、パソコンハウス東映などで来週16日から販売予定となっており、予価は4480円。なお、サイズによれば同製品は「イギリスを本拠とする欧米静音PCマーケットの草分け的販売サイトであるQuietpc.com社との共同開発モデル」とのこと。

サイド 底面
サイドや底面から見たところ。ヒートパイプは6mm径×4本で、サイズは123×123×160(H)mm、重量は640gとなる
ファンを装着 Quietpc.com社との共同開発
あらかじめ回転数200rpm~1200rpm(ノイズ6.4dB~24dB)の120mm角ファン1基が標準で付属しているが、残りの2面にも任意に120mm角ファンを装着可能だ

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中