このページの本文へ

AIで競合の商標情報をリアルタイムで把握する「Cotobox商標モニタリング」提供開始

2020年06月16日 13時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Cotobox(コトボックス)は6月16日から、AIの技術を活用し、競合の商標情報をリアルタイムで把握する「Cotobox商標モニタリング」を提供開始する。

 本サービスを活用することで、SNSやECサイトを含むオンライン上での知財侵害や、意図しないネーミングやパッケージの作成を事前に防ぎ、マーケティングやブランド保護に役立つとしている。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大の影響で、SNSやECサイトを含むインターネットの活用がより盛んになるなか、以前よりも商標侵害に関するトラブルリスクが高まっているという。

 実際、コトボックスには「SNSで同じ商標を使っているので使用を止めさせたい」「使おうとしていたネーミングを、競合に商標登録されてしまった」「知らないうちに、他社の商標に類似した商品パッケージを発注してしまった」などの商標トラブルが寄せられているとのこと。

 このような背景を踏まえ、AIが代わって自社および他社の商標を自動的監視する同サービスを開発するにいたったとしている。

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
IoTイベント(300x100)
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ