このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局第388回

うわさの追跡タグ:

アップル「AirTag」商標を買取か

2019年11月09日 13時00分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルがロシアのIT企業ISBCから「AirTag」の商標を買い取った。ロシアのメディアRBCが10月31日に報じた。

 「AirTag」はアップルがリリースするとうわさの落とし物追跡タグの製品名だと言わている名称だ。

 ISBCはID情報を埋め込んだRFタグのデータを電波を使って非接触で読み書きする技術「RFID」のロシア大手で、「AirTag」の名前でRFタグ付きのガジェットを販売していたという。

 アップルの落とし物追跡タグとおそらく区分(カテゴリ)が被るため、買い取られたのだと思われる。「AirTag」のリリース準備が着々と進んでおり、その発表が待ち遠しい。


筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中