このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ”第620回

60倍ズームもできるOPPO「Reno 10x Zoom」で猫を撮る

2019年07月20日 10時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
雨を避けつつ、お昼寝中の2匹の猫。起こさないようにそっと撮れる望遠カメラ付スマートフォンならではなのだった

スマホにも望遠が当たり前の時代に突入しそう

 前回に引き続き、スマホで猫を撮る話。スマホのカメラにも望遠を……というのは誰でも考えることなんだけれども、望遠にするほどレンズの奥行きが必要になってスマホの厚みに収めるのは難しい。

 じゃあ、ってことでかつて薄型コンパクトデジカメで使われた(今でも防水系のカメラでは一般的な)「屈曲光学系」を入れてきたのが、OPPOの「Reno 10x Zoom」なのである。とうとうスマートフォンも望遠カメラの時代に突入しようとしているのだ。3つ搭載したレンズの中で、四角いのが望遠カメラ。35mm換算だと130mm相当。猫を撮るには十分な望遠だ。

OPPO「Reno 10x Zoom」。3つ並んだカメラは、望遠・広角・超広角となっている。SIMフリー端末として入手可能だ

 しかも、画面上のボタンをタップするだけでさくっと望遠になるのが楽なところ。ラクだからつい使っちゃう。うちの猫が箱に入った瞬間に、ついパシャ。

箱があるとすぐ入っちゃううちのかふか。でも近寄って撮ろうとすると箱から出てきちゃう。そんなときに望遠で。室内だとちょっと画質落ちちゃうけど

 スマートフォンで簡単にこれが撮れるってのはラクすぎて堕落しますな。ただし、すごく狭いスペースに130mm相当なんてレンズを入れているので、明るくない場所だとクオリティ的にきついところはあるわけで、調子に乗って乱用せず、うまくメインカメラと使い分けたい。

 冒頭写真は小雨はぱらついていたけど、それなりに明るい屋外。猫が2匹、屋外に放置された棚の中で寝てた(上の段があるので雨に濡れないのだ)のを撮ったもの。良い感じです。で、もちろん猫認識機能はあり。

子猫じゃなくても子猫と表示されるのがなんとも

 先日、目的地へ近道しようと地図を見ながら都会の住宅街に入り込んだら、塀の上に立派なサビネコが1匹。あまり近づくと逃げちゃいそうだったので、望遠スマートフォンの出番というわけである。ちょいと天候は悪かったけど、良い感じに真正面から撮れました。

塀の上の猫を真正面から望遠で。いい感じに見つめあってくれた。耳がカットされているのでこのあたりで世話されているのだろう

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン