このページの本文へ

最大60倍のデジタルズームできる望遠カメラを備えたOPPO Reno 10x Zoom

2019年09月04日 11時00分更新

文● 週刊アスキー編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

本記事は「週刊アスキー特別編集 週アス2019August」からの転載です。

ズームもワイドも思いのままに撮れる!

 Reno 10x Zoom。メーカー:OPPO。ご購入はこちらから。

 「ひかりTVショッピング」からアスキー選りすぐりのお買い得品を紹介するこのコーナー。今回は、新たに取扱開始になったOPPO製品から、この夏の最新スマホ『OPPO Reno 10x Zoom』を紹介する。注目したいのは歴代OPPO製スマホの十八番とも言えるカメラ機能。トリプルカメラを搭載しており、4800万画素のメインカメラのほか、120度の超広角カメラとデュアル手ぶれ補正内蔵で、最大60倍のデジタルズームが可能な望遠カメラを備えている。

 中でも注目なのが、10倍ハイブリッドズームシステム。3つのレンズを組み合わせて撮影することで、画質の劣化を抑えて高倍率でも高精細な写真を撮影可能だ。

 他にも夜景を手軽に美しく撮影できるウルトラナイトモード2.0や、美肌、小顔効果などをスライドバーで調整できるポートレート2.0で家族や友人との思い出も綺麗に残せる。あらゆるシーンにこれ一台で対応できるので、お出かけの際にわざわざ重いカメラを持ち歩く必要はなくなる。

 旅行やキャンプなどのお出かけに大活躍すること請け合いの一台。現在「OPPO取扱開始キャンペーン」を実施中のひかりTVショッピングで、お得に手に入れよう!

1.写真撮影が楽しくなるトリプルカメラ

 メイン・望遠・超広角のトリプルカメラを搭載。同じ風景でも、ググっと寄ったアップからワイドな広角まで、自在に切り取れるのがうれしい。

 ググッと寄っても高画質

メイン(×1倍)

ハイブリッドズーム(×10倍)。10倍ズームで寄った像を見ると 細部までくっきりと写っている。

 夜景撮影も思いのまま

ウルトラナイトモード2.0(×1倍)。ハイブリッドズーム(×10倍)。ノイズに悩まされることなく美しい夜景を撮影できる。

2.使っていて気持ちがいい大画面ディスプレー

 ディスプレーは6.65インチ有機EL(AMOLED)を採用しており、明るい屋外でも視認性が高い。また、インカメラが本体上面から飛び出すピボット式で、液晶上部にノッチがなく、画面占有率は実に93.1%。広々した画面でブラウザーや動画の閲覧など、何をしていても気持ちいい!

 画面占有率は93.1%

インカメラのためのノッチや物理ホー ムボタンがなく、前面のほとんどが有機ディスプレーで占められている。

3.うっかり落としても安心できる工夫が随所に

 ボディーには、傷つきにくい強化ガラスの『ゴリラガラス』を採用している。また、背面のアウトカメラが直接床面に当たらないように保護する丸いパーツ『O-Dot』や、落下を検知すると、『ピボットライジングカメラ』 が自動収納されるなど、普段うっかり落とすことが多い人や、アウトドアなどでアクティブに使うことが多い人でも安心して持ち歩ける。

 小さな突起でカメラを保護

ボディの背面に搭載された「O-Dot」は出っ張っており、落下時にアウトカメラを守ってくれる。

【OPPO Reno 10x Zoomスペック】

・ディスプレー:6.65型AMOLED <有機EL>(2340×1080ドット)
・サイズ/重量:約162.0×77.2×9.3mm/約215g
・CPU:Snapdragon 855(オクタコア)
・OS:Color OS 6.0(Based on Android9.0)
・カメラ画素数:リア 約4800万画素(標準)
 +約800万画素(超広角120度)+約1300万画素(望遠)
 /イン 約1600万画素
・カラバリ:ジェットブラック、オーシャングリーン

(提供:NTTぷらら)

カテゴリートップへ

オススメメーカー

オススメカテゴリ

ひかりTVショッピングの紹介エリア