このページの本文へ

新車を買った情報2019 第11回

マツダ ロードスターRFのマニュアル運転は気が抜けるほど楽

2019年04月13日 12時00分更新

文● 四本淑三、編集●西牧

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

坂道発進はもはや苦行ではない

 最近のマニュアル車には、ロードスターに限らず坂道発進の補助機能を付けたものがあります。マツダではHLA、ヒルローンチアシストなんて呼んでいるらしいですが、お昼にランチをご馳走してくれるわけではございませんで、ハンドブレーキを引く、戻すの操作をクルマが肩代わりしてくれるだけ。ところが、これが大助かりなんであります(画像は傾けただけのイメージです)。

 昔は坂道で止まったら、まずハンドブレーキを引く。再発進の際には、アクセルを踏み、半クラッチ状態にして駆動力が伝わり始めたら、ハンドブレーキを戻しつつ発進。こうした一連の操作に失敗しますと、クルマはズルズル後退するか、エンストいたします。

 もっとも厄介なのは、手足をバラバラに動かさなければならないことでして、ドラマーならまだしも、初めての人には相応の経験がいるものです。昔みたいに道路が空いていれば、気兼ねなく練習もできたんでしょうが、いまはどこも混んでいて、後ろにクルマがつっかえてる。しくじりますと、後ろからピーピー鳴らされて、怖くて情けない思いをするんであります。私も覚えがあります。

 そんなクルマじゃもう買ってもらえないってんで、坂道で止まると、ブレーキペダルから足を離しても、ちょっとの間ブレーキをかけといてくれる。その間にアクセル踏んで、どうぞ発進してくださいというわけです。

 実際、私もまだ坂道でハンドブレーキを引いたことがありません。ロードスターですと、止まってくれるのは2秒ほど。のーんびりやってるとズルズル後ろに下がりますから、お気をつけください。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ