このページの本文へ

新車を買った情報2019 第11回

マツダ ロードスターRFのマニュアル運転は気が抜けるほど楽

2019年04月13日 12時00分更新

文● 四本淑三、編集●西牧

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

発進加速でエンストしない

 坂道発進もそうですが、マニュアルで恐れられているのがエンストであります。まだオートマの癖が抜けずに、6速に入れたままクラッチを切らずにブレーキ踏んでエンスト。なんてことをたびたびやっちまうんですが、当たり前にギアを入れて発進をしくじることは、まずありません。

 これは低速トルクのあるエンジンのおかげでもありますが、「発進後押し機能」とでも言うんでしょうか、クラッチを踏み、シフトレバーをどこかに入れてブレーキペダルを離しますと、エンジン回転がぴょんと上がる。アイドリングは750回転くらいですが、それが1000回転ちょい手前ほどまで上がるんであります。

 これがアイドリング中。

 こちらがシフトレバーを入れた時の回転数であります。

 この状態でゆっくりクラッチをつないでやると、クルマはつーっと走り出します。もちろん急につなげばスナッチやエンストは起こしますが、恐る恐るアクセルを踏みがちな初心者に、クルマの方で勢いつけてやろうというものでしょう。停止と微速前進を繰り返す渋滞でも、これでちょっとばかし楽になります。

 ただ、不思議なことに取扱説明書にこの機能の記載はございません。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ