このページの本文へ

「IBM Watson日本語版」を活用

好みのレストランをAIが提案! チャットボット「SENSY bot」β版リリース

2016年11月18日 15時56分更新

文● 山口/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 カラフル・ボードは11月18日、ソフトバンクが日本IBMと共同で構築・提供する「IBM Watsonエコシステムプログラム」の初期エコシステムパートナーとして、「IBM Watson日本語版」を活用したチャットボット「SENSY bot」のβ版をリリースした。

 SENSY botは、ユーザーがチャットを通じて、自分の感性を学習したパーソナルAIを育成できるプラットフォームだ。育てたパーソナルAIは、さまざまなコンテンツを届けてくれたり、相談に乗ってくれるという。

 β版では、Facebook Messenger上で「東京のレストラン案内」機能をリリースした。IBM Watson日本語版のAPIの1つであるNLC(Natural Language Classifier 自然言語分類)を利用し、ユーザーの発言や行動から好みを理解していく対話エンジンとして、1人ひとりの好みに合わせたレストランを案内する。

好きな食べ物や、行きつけのレストランなどを覚えさせることで、パーソナルAIが好みを学習

レストランとユーザーとのマッチ度を点数化、ランキング形式で並び替え、オススメポイントと併せて提案する

 また、メニューとマップで店を絞り込むことも可能。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ