このページの本文へ

自動運転の管理だけでなくプラント運転操作のアドバイスも

JFE、廃棄物発電プラントの運転・管理にIBMのAIを導入

2017年02月08日 17時50分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
AIを活用した遠隔操業支援のイメージ

 JFEエンジニアリングは2月6日、廃棄物発電施設の運転・管理にIBMのAI技術を活用すると発表した。

 同社ではこれまで、廃棄物発電施設の管理を効率化するため、横浜本社のリモートセンターからの遠隔操業支援を行なってきた。ここで管理されたビッグデータの分析と有効活用の検討を進め、日本アイ・ビー・エムのAI技術を導入して自動で最適な運転状態を維持するのに利用する。

JFEのリモートセンター

 また同時に、これまでメンテナンス技術やトラブル事例などの蓄積された情報から、最適な対応など、運転中のトラブルに関してもタブレットといった端末を通して音声で運転員にアドバイスを行なう。2017年度中の試験導入を目標としている。

カテゴリートップへ

灯油タンクで残量検知を実現!北海道の生活を守るIoTとは【熱量IoT】#3

動画一覧はこちら!