このページの本文へ

CEATEC JAPAN 2016 ネクストテクノロジー ― 第14回

よくものを落とす人には超オススメ

なくすを、なくす。超小型IoTデバイス「MAMORIO」、CEATEC 2016に出展

2016年10月06日 22時00分更新

文● 八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
MAMORIOのブース

 幕張メッセで開催中のCEATEC JAPAN 2016で、MAMORIOがなくしたものを見つけてくれる超小型なIoTデバイス「MAMORIO」を出展していた。

 MAMORIOは、鍵や財布など、装着したものから30m離れるとスマートフォンが知らせてくれるIotデバイス。MAMORIOが手元から離れるとスマートフォンに通知するほか、紛失した場所も地図で確認することができる。

「MAMORIO」

 また、専用アプリをスマートフォンに入れておけば、アプリをダウンロードしているほかの人が落とし物の近くを通ったときに、落とした本人のみに通知が行くのが特徴となっている。落とし物から離れたときのスマートフォンが鳴るタイミングは、設定で変更可能だ。価格は3500円。

■関連サイト

カテゴリートップへ


この特集の記事
注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

STARTUP×知財戦略バナー

IoTイベント(300x100)

ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ