このページの本文へ

柳谷智宣の「スタートアップDive!」 第2回

スポットコンサルのマッチングサービス『ビザスク』を体験してみた

2016年05月18日 06時30分更新

文● 柳谷智宣 編集●北島幹雄

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

資金調達についての情報を知りたい!

 登録されているアドバイザーを見ると、そうそうたるキャリアの人たちが並んでいる。時々、雑誌記事で名前を見るような人も見かける。様々な職種・業界の人たちが登録しており、300分野以上から選べる。そのうち7割以上が企業に勤めている人とのことだ。

 では、ということで早速申し込んでみよう。筆者が経営している会社を次のステージに上げるため、資金調達について知りたいと思っていた。筆者は普通にお金を貯め、銀行から借りて調達する方法しか知らないのだが、まだ起業したばかりなのに「●億円調達!」というニュースを見るたびに、興味を持っていたのだ。

 「スタートアップ 資金調達」で検索すると、たくさんヒットする。さすがだ。そこで、一番上に表示されていた方をクリックし詳細をチェックしてみる。「3.3億円」および「10億円」の調達をしたという奥田さんだった。しかも、以前取材して記事を書かせていただいた「Retty」のCFOだ。もう是非是非お願いしたい。謝礼を見たら1万円とのことだったのでもちろんOK。

 「事前相談に進む」をクリックして、メッセージを送ってみた。事前相談は無料で利用できる。相談内容や日時を打ち合わせ、よさそうであれば日付の確定と支払いを行う。クレジットカードもしくはPayPalで支払う。

「スタートアップ 資金調達」で検索したら、36件もの案件がヒットした

詳細を確認したら納得だったので、「事前相談に進む」をクリック

まずは金額と相談したい内容を送ってみる

チャットのような画面で返事が来た!

日時や場所などをすりあわせる

条件が決まったら支払いをする。クレジットカードやPayPalが利用できる

 当日、奥田さんは時間ぴったりにいらしていただいた。名刺交換をしたら、撮影の許諾をいただき、早速コンサルをしてもらう。相談内容はシードステージを終え、黒字にはなってきた事業に1~3億円程度の資金調達を行う際の方法や注意点について。ネットや本で勉強はしていたが、やっぱり現場の人間の情報量やお話の説得力は段違い。筆者の知識不足からとんちんかんな質問をしても、即教えてくれる。これは、経営の家庭教師みたいなものだ。

 あっという間に1時間が過ぎてしまった。凄い人脈を紹介してもらったり、魔法の手法を教えてもらったわけではないが、非常に有益な体験だった。ちょっと明日からやってみよう、ということもご教示いただき納得。これで1万円なんて、安いどころの話じゃない。大満足でした。

今回スポットコンサルをしていただいたRetty株式会社CFOの奥田さん

1時間ほどだが、いろいろなことを教えていただいた

カテゴリートップへ

この連載の記事
注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ