このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

「iPhone 6」&「iOS 8」全力徹底特集! 第25回

ついに登場! 「iOS 8」ファーストインプレッション

2014年09月18日 11時00分更新

文● 林佑樹(@necamax

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

新アプリ「ヘルスケア」はApple Watchから本番?

 「ヘルスケア」アプリは、M7/M8モーションコプロセッサを使用するアプリからの情報をまとめる存在になっている。現時点では読み込めるデータは歩数程度だが、M8モーションコプロセッサでは高度に関する情報も取得するため、表示する情報量は増えると思われるが、やはりApple Watch前提のアプリだろう。またメディカルIDの登録も可能で、ロック画面の表示にも対応している。

健康データを任意に追加できるため、対応アプリ次第では便利なダッシュボードになりそうだ

メディカルIDの登録画面

登録してみたところ

緊急連絡の画面にメディカルIDのボタンを追加できる

iOS 8はちょっと便利な機能がいっぱい
OS X Yosemite、Apple Watchで本領発揮

 iOS 8は、iPhone 5s単体の状態では、便利な新機能が詰まったマイナーアップデートといった印象であり、それは今回紹介した内容からも分かっていただけるだろう。

 ただし、iPhone 6/iPhone 6 Plusから適用される機能もあり、またMac OS X Yosemiteとの連携機能もあるため、iOS 8の「大きなアップデート」は、Apple Watchが登場するまで続く形になる。iOSデバイス単体での運用であればiOS 7から違和感なく移行できるため、バックアップが済んだらアップデートしてOKといえる。OS X Yosemiteもそろそろだ思われるが、まずはiPhone 6/iPhone 6 Plusを入手後に、またiOS 8とiPhone 6の状態をお伝えしよう。


前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中