このページの本文へ

「iPhone 6」&「iOS 8」全力徹底特集! 第25回

ついに登場! 「iOS 8」ファーストインプレッション

2014年09月18日 11時00分更新

文● 林佑樹(@necamax

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

音声アシスタント「Siri」さんの出番が増えるかも?

 人によってはまったく使用していない「Siri」さん。音声アシスタントとしての精度上昇などアップデート項目は多く、出番が増えそうな機能としては、流れている音楽を調べてくれる機能の追加がある。「この曲を教えて」といったワードを語りかけると、Siriが調べてくれるのだ。

発音が気持ち滑らかになっているような気がするSiriさん。音声認識速度が上昇しており、話している途中でも認識しているのが分かる仕様になった

曲名を尋ねてみたところ、ちゃんと正解した。なお、利用しているエンジンは、掲載画面にも表示されている通り「SHAZAM」だ

 また、電源接続時のみに限り「Hey,Siri」と呼びかけると、スリープ中でもSiriさんが応答する機能も追加されている。

 筆者的には便利で、たとえば「Hey,Siri、今日の予定」といえば、そのまま情報を表示してくれるため、移動中や何らかの作業をしながらといった場合に重宝しそうな予感だ。なお「Hey,Siri」で止めた場合、その部分で解析を実行するのは、そのうち修正されそうな気がする。

「Hey,Siri。今日の天気」と言ってみたところ。認識結果では「はい」になっているが、「Siriさん!」とだけ言っても反応してくれないため、「Hey」がトリガーになっているとみていいだろう

「Spotlight」検索の高速化と検索候補の増加

 画面中央付近で下方向にすると呼び出せる「Spotlight」検索。検索速度が高速化されているほか、検索範囲も拡張されており、ウェブサイトやWikipediaなども対象となっている。そのため、気になった情報を調べたいとき、ブラウザーを立ち上げる必要がない。

テキストファイルなどの中身だけでなく、ウェブサイトやWikipediaも検索してくれる

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中