このページの本文へ

7月登場の「OS X Mountain Lion」、今秋の「iOS 6」概要がついに発表

「WWDC 2012」基調講演レポート(後編)

2012年06月13日 22時00分更新

文● 鈴木淳也(Junya Suzuki)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

スリープ中でもメールやカレンダー情報をアップデート
「Power Nap」

 面白い機能としては「Power Nap」がある。マシンがスリープ中であってもメールやカレンダー情報のアップデート、Notificationsの受け取り、Photo Stream(フォトストリーム)の同期、さらにはバックアップやソフトウェアアップデートまで、バックエンドで処理してくれる。

 便利な機能だが、その実装形態も気になるところだ。なぜなら、対応マシンが第2世代以降の「MacBook Air」と「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」(MacBook Pro with Retina Display)となっており、既存のMacBookシリーズとなぜ差別化が図られているのか不明だからだ。もしハードウェア的な理由であれば、両者ハードウェアにどのような違いがあるのかは当然気になるだろう。

面白い機能が「Power Nap」。マシンがスリープ中でもメールやカレンダー情報のアップデート、Notificationsの受け取り、Photo Streamの同期、さらにはバックアップやソフトウェアアップデートまで、バックエンドで処理してくれる。対応マシンが第2世代以降のMacBook AirとMacBook Pro Retinaディスプレイモデル(MacBook Pro with Retina Display)となっており、既存マシンとどのような違いがあって差別化が行なわれているのか気になるところ

AirPlayを使って現在操作中の画面を「Apple TV」経由で大画面テレビで表示可能

Game CenterもMacに対応。同じゲームであればiPad/iPhoneユーザーとMacユーザーとの間でマッチング対戦も可能

「Features for China」と題して、中国独特のサービスを利用できるようOS Xでアカウント登録できる。あとは前述のTwitterやFacebookのようにログインなしでサービスを好きなときに呼び出せる

OS X Moutain Lionは、価格1700円で7月リリース

 また、OS X Moutain Lionの価格は、前世代のLionの29.99ドル(日本では2600円)からさらに値引きされて19.99ドル(1700円)となっている。以前と同様にMac App Store経由での配布となり、7月での提供開始を予定している。

価格はLionの29.99ドル(日本では2600円)からさらに値引きされて19.99ドル(1700円)に。提供開始は7月で、やはりMac App Storeのオンライン配布形態になるようだ

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中