このページの本文へ

インテル、最大6コアのCPU Xeon 5600番台を発表

2010年03月17日 11時00分更新

文● 小西利明/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Xeon 5600番台
Xeon 5600番台

 インテルは17日、32nmプロセスで製造される「Westmere」コアのサーバー&ワークステーション向けCPU「Xeon 5600番台」「Xeon 3600番台」を発表した。Nehalemアーキテクチャーでは初の6コアCPUも含まれる。

 コード名「Westmere-EP」と呼ばれていたこの新CPUは、Core i7やXeon 5500番台と同じ、「Nehalemアーキテクチャー」と呼ばれるアーキテクチャーを備えた、32nmプロセスのCPUコアを搭載する。基本的に2ソケットシステムのサーバー&ワークステーション向け製品である。なお、同じWestmereシリーズのCPUは、すでにデスクトップ/ノートパソコン向けのGPU内蔵型Core i5/3(Clarkdale、Arrandale)などで採用されているが、Xeon 5600番台ではGPUを搭載しない。

 Xeon 5600番台は、CPUコア数が6コアの製品と、4コアの製品がラインナップされている。ワークステーション向けのXeon 3600番台は、6コアの「Xeon W3680」のみが発表されている。いずれもハイパー・スレッディング・テクノロジーに対応し、各コア2スレッド同時実行が可能。6コアのXeonの場合、最大12の論理CPUを備えることになる。またほとんどの製品が、自動オーバークロック機能「ターボ・ブースト・テクノロジー」に対応する。そのほかに、AES暗号化のアクセラレーションを行なう命令セット「AES-NI」、セキュリティー機能「Intel TXT」にも対応している。

 主な仕様は以下のとおり。価格は1000個受注時の1個あたりの価格である。

CPU名 X5680 X5670 X5660 X5650 E5640 E5630 E5620
開発コード Westmere-EP
プロセスルール 32nm
物理コア数/
論理コア数
6/12 4/8
CPUクロック 3.33GHz 2.93GHz 2.80GHz 2.66GHz 2.66GHz 2.53GHz 2.40GHz
ターボ・ブースト 対応
3次キャッシュ 12MB
メモリー DDR3-1333 DDR3-1066
QPIクロック 6.4GT/秒 5.86GT/秒
TDP 130W 95W 80W
価格 15万1080円 13万820円 11万750円 9万490円 6万7590円 5万60円 3万5160円
CPU名 X5677 X5667 L5640 L5630 L5609 W3680
開発コード Westmere-EP
プロセスルール 32nm
物理コア数/
論理コア数
4/8 6/12 4/8 6/12
CPUクロック 3.46GHz 3.06GHz 2.26GHz 2.13GHz 1.86GHz 3.33GHz
ターボ・ブースト 対応 非対応 対応
3次キャッシュ 12MB
メモリー DDR3-1333 DDR3-1066 DDR3-1333
QPIクロック 6.4GT/秒 5.86GT/秒 4.8GT/秒 6.4GT/秒
TDP 130W 95W 60W 40W 130W
価格 15万1080円 13万820円 9万490円 5万60円 3万9970円 9万760円

 対応チップセットは既存のIntel 5520チップセットで、CPUソケットはLGA 1366など、既存のXeon 5500番台向けシステムからの移行を容易にしている点も特徴となっている。

 メモリーチャンネルは3チャンネルで、1チャンネル辺り最大3枚のDIMMを装着できる。メモリーはRegistered、Unbufferedの双方に対応する。ただしパフォーマンスは、1チャンネル1 DIMM搭載のトリプルチャンネル構成が最も高速となる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン