このページの本文へ

ぷらっとホーム、『OpenBlockS』シリーズのアプライアンスサーバを発売

2002年08月21日 21時52分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ぷらっとホーム(株)は、小型サーバ『OpenBlockS』シリーズのアプライアンスサーバ『OpenBlockS with HOLON Linux』と『OpenBlockS with desknet's』を発売した。

OpenBlockSS
『OpenBlockSS』をベースとした『OpenBlockSS with HOLON Linux』。2.5インチのハードディスクが内蔵されている。

『OpenBlockS with HOLON Linux』は、『OpenBlockS』専用にチューンされた『HOLON Linux 2.0 Server』がプリインストールされており、Web、メール、FTP、ファイルサーバなどだけでなく、QuickTimeやMP3に対応したストリーミングサーバ機能も搭載されており、導入後すぐに利用することが可能になっているという。管理ツールとして『Webmin』が導入されており、Web経由での管理が可能。8万9800円で販売される。

『OpenBlockS with desknet's』は、(株)ネオジャパンのグループウェア『desknet's』をプレインストールした製品。5ユーザーライセンスがバンドルされており、中小の事業所や部門単位での利用をターゲットに販売される。価格は9万9800円。

今回発表された両製品とも、ハードウェアは『OpenBlockSS』と、ラックマウントキットが付属する『OpenBlockSR』のバージョンが用意される。20GBのハードディスクが搭載されており、システムはすべてインストールされた状態で出荷される。ハードウェアの仕様は以下のとおり。

  • CPU……PowerPC 405GB-200MHz
  • メモリ……64MB
  • フラッシュROM……8MB
  • ネットワーク……100BASE-TX×2
  • シリアルポート……D-sub 9pin×1(RJ45コネクタ変換ケーブル使用)

両製品の出荷開始は8月30日になる予定。

カテゴリートップへ

ピックアップ