このページの本文へ

ぷらっとホーム、IBM eserverに対応したSuSE Linuxを販売開始

2001年12月21日 16時36分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

独SuSEの日本販売正規代理店であるぷらっとホーム(株)は、SuSE LinuxのIBM eserverシリーズ対応版を再販業者向けに販売開始し、SuSE LinuxとIBM eserverを用いた、サーバ構築から運用、管理までをサポートするサービス「Plat'Home Linux Universal Management」を開始すると発表した。

SuSE Linux Screen Shot
SuSE Linux の管理ツール「YaST2」。

今回発売される製品とおもな仕様は以下のとおり。

SuSE Linux Enterprise Server for S/390

  • 対応しているIBM eserver……S/390、zSeries
  • カーネル 2.4.7
  • glibc 2.2.2
  • gcc 2.95.3

SuSE Linux Developer's Edition for iSeries

  • 対応しているIBM eserver……iSeries
  • カーネル 2.4.3
  • glibc 2.2
  • gcc 2.95.2

SuSE Linux 7.1 for PPC

  • 対応しているIBM eserver……pSeries
  • カーネル 2.4.2 & 2.2.18
  • glibc 2.2
  • gcc 2.95.2

一般向けの販売は、日本アイ・ビー・エム(株)の子会社であるエンサイクロソフト(株)を通じて行なわれる。ぷらっとホームは、SI事業者や再販事業者向けに販売を行なうとしており、一般向けの販売は行なわない。ぷらっとホーム(株)が提示している標準価格は以下のとおり。

  • SuSE Linux Enterprise Server for S/390……5万1500円
  • SuSE Linux Developer's Edition for iSeries……5万3500円
  • SuSE Linux 7.1 for PPC……1万800円

「Plat'Home Linux Universal Management」

「Plat'Home Linux Universal Management」は、ぷらっとホーム(株)が提供するサポートサービス。システムの導入、設定から管理、運用など広範囲にわたるサービスを提供する。具体的なサービス内容は以下のとおり。

設定・構築Management for SuSE Linux
Web、メールサーバ、eコマースサイト構築、イントラネット構築などのシステム構築
遠隔監視・運用Management for SuSE Linux
インターネット/イントラネットを利用した監視、障害対応、定期運用などのサービス
ヘルプデスクManagement for SuSE Linux
メールによるOS設定、アプリケーションに関するヘルプデスクサービス(年間契約)

カテゴリートップへ

ピックアップ