このページの本文へ

ぷらっとホーム、中小企業向けサーバ監視サービスを開始

2002年08月11日 10時35分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ぷらっとホーム(株)は、SOHOや中小事業者を対象としたサーバ監視サービス『rootAgent』を開始した。

『rootAgent』は、HTTP、FTP、SMTPなど各ポートへ5分おきに接続監視を行なうほか、(株)スプライトのサーバ監視ソフト『SpriteAgent』をベースに、ぷらっとホームがカスタマイズしたサーバ内部エージェントを利用し、CPU負荷率やスワップ使用率、ハードディスク使用率などを監視するというもの。

内部監視エージェントが稼働するOSは以下のとおり。

  • Red Hat Linux 6.2/7.1/7.2
  • Turbolinux Server 6.0/6.1
  • FreeBSD 3.3/4.1/4.1.1/4.2/4.3
  • BSDi 4.0/4.0.1/4.1/4.2
  • SPARC Solaris 2.5.1/2.6/7/8

監視対象はグローバルIPを持つサーバ5台。料金は月額8000円だが、年額一括での支払いとなる。

カテゴリートップへ

ピックアップ