このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

SUPER GTに痛車が参戦! 初音ミクZ4密着レポート 第7回

SUGOいぜ! 初音ミクZ4がついに完走!(練習走行で)

2008年10月14日 22時44分更新

文● 末岡大祐/Webアキバ編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

最終戦に向けて闘志が萌える!

初音ミクZ4

新しくなった初音ミクZ4の心臓部

 チーム代表の星名氏によると「今回は、タイヤが前戦もてぎで使った中古品。ガソリンも50リッターほどしか入れない状態で走ったんですが、細かいトラブルすら起きずにテスト走行を終えることができて満足しています。期待通りではないでしょうか。まだまだタイムを詰められるとは思いますが、ナラシですし十分です」と語った。

 チーム総監督の鈴木氏も「これでようやく前進できた気がします!」と満足そうな笑顔だった。

 ドライバーの菊地選手は「エンジンが良いですね! あとは足回りなどのセッティングを出せば戦闘力は飛躍的にアップすると思います」とコメント。

 田ヶ原選手は「エンジンの元気がいいのでレブ縛りがきつくて(笑)。アクセルを踏み込みたくなる衝動をこらえるほうが大変でしたよ!」と語ってくれた。

わかりづらいかもしれないが、これが鈴鹿サーキットでレギュレーション違反の原因となった燃料タンク(カーボン地の部分)。助手席からリアのトランク下部分にかけてL字型にタンクが置かれている。現在は後部座席との隔壁を設置するなどし、対策が施された

 最終戦の富士スピードウェイは11月8~9日に開催される。このレースに出場することは確定しているので、今度こそ走っている姿を見たい! という人は観戦チケットをゲットして、痛車で応援に行こう!

 では、スポーツランドSUGOでの初音ミクZ4の勇姿をとくとご覧あれ! なお、次回はテスト走行時に撮影した走行シーンや車載動画など、ムービーをアップするのでお楽しみに。


前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ