このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

SUPER GTに痛車が参戦! 初音ミクZ4密着レポート第36回

ミクZ4、SUPER GT最終戦はまさかのリタイア!

2009年11月11日 19時15分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部 写真●加藤智充、水野智子、編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

快調に見えたフリー走行

 SUPER GTの2009シーズンは泣いても笑っても、このもてぎで終了。ウェイトハンデはナシ(ミクZ4はアリ)、今シーズンのチャンピオンが決まるとあって、どのチームもフリー走行から驚異的なスピードを見せていた。

 我らがミクZ4はというと、フリー走行では番場選手が快走を見せ「1'57.030」というベストタイムを記録し、なんとGT300クラス5位という成績。グリッドは19番手からだが、もしかしたらシングル順位も届くかもしれない。そんな期待を抱かずにはいられない走りだった。

 その後、一度ピットインし、田ヶ原選手に交代。予選での後れを取り戻すべく果敢にアタックをするが……、途中で左リアのタイヤがバーストしてしまうというトラブルが発生してしまった。なんとかピットへ戻るも、左リアフェンダーの後部が破損してしまった。そのうえ、先ほどのタイヤ交換で、使ってはいけないタイヤを付けてしまい、このことが原因でグリッドを5位降格というペナルティを課せられてしまったのだ! 22台中の19番手だったため、降格により久々のテールエンダーでのスタートとなる。去年、最後尾スタートながら逆転優勝したチームもある。レースは何が起こるか、最後までわからないのだ。

 フリー走行時間も残りわずかだったため、破損したパーツの修復も兼ねて、早めにフリー走行を切り上げることになり、決勝のスタート進行までは、各部パーツのチェックなどに当てられることになった。

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ