このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

SUPER GTに痛車が参戦! 初音ミクZ4密着レポート第34回

ミクZ4の快走に阿蘇山も萌えた! SGT第8戦は10位完走!

2009年10月20日 21時19分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部 写真●加藤智充、水野智子、編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

初コース、初トップ10、初ポイント!

 もうこの連載も30回以上続いているが、何を書こうかこれほど迷ったのは、今回が初めてだ。先日の速報でもお伝えした通り、これまで予選通過が精一杯だったミクZ4がいきなり10位で完走したのだから。ゴール後に10位に繰り上がったときの感動は筆舌に尽くしがたい。あの興奮を余すことなく文章で伝えるには、筆者では未熟かもしれないが、そんな決勝日のレポートをお伝えしたい。

 決勝日のオートポリスは快晴。まさにレース日和だ。しかし、ここでのSUPER GTはとりあえず今年で一旦終了、来年はお休みし、再来年以降は検討中だという。ミクZ4は最初で最後となるかもしれないオートポリスで結果を残すべく、気合いを入れて練習走行に挑む。

 スタートドライバーは番場選手。予選日と同じく、マシンをチェックしながらなのであまりタイムは上がっていなかったが、あくまで練習走行なのでここでは無理にアタックはしない。その後、田ヶ原選手に交代し、同じように様子見をしながら徐々にペースを上げていく走りで、無事にトラブルもなく練習走行時間は終わった。

 九州方面の個人スポンサーの方々が大勢来場したピットウォークも終わり、ついに決勝レースの時間がやってきた。多少のマイナートラブルはあったものの、ほぼ解決済み。あとはドライバーが結果を出すだけである。チームの作戦としては、スタートドライバーの番場選手がロングスティントを走り、できるだけ上位に食い込む。そして田ヶ原選手に交代し、ポジションを維持しながらゴールまでミクZ4を運ぶというもの。オートポリスは路面が荒れており、バンピーなため、タイヤや足回りにとても厳しいサーキットだ。どれだけタイヤを長持ちさせられるかが勝負のカギだろう。

 過去最高位である11番グリッドからスタートしたミクZ4だったが、すぐ後ろにいたランボルギーニのムルシェに一瞬のスキを突かれてオーバーテイクされてしまい、1周目で12位に落ち、その後も15位まで順位を下げてしまう。しかし、そこからSBT(スーパー番場タイム)が発動し、これまでは抜かれっぱなしだったミクZ4がオーバーテイクを見せるなどの活躍を見せ、さらに他車のピットインやGT500とGT300の接触などのアクシデントにより、11位に復帰。そこからどんどん順位を上げ、なんとGT300クラス3位、総合で15位というポジションを3周もキープしたのだった。

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ