このページの本文へ

スマホやタブレットでも利用可能

「KARTE」がMicrosoft Teamsと連携、Teams上でチャット接客が完結

2021年02月02日 10時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

KARTE TalkがMicrosoft Teamsとの連携を開始

 プレイドは2月2日、同社が提供するCX(顧客体験)プラットフォーム「KARTE」のウェブチャット機能である「KARTE Talk」において、「Microsoft Teams」との機能連携の提供を開始した。

 本連携により、KARTE Talkによるエンドユーザーとのチャットによるコミュニケーションを、KARTEの管理画面を開くことなくMicrosoft Teams上で完結できる。Microsoft Teamsのモバイルアプリを使用すれば、PCだけでなくスマートフォン・タブレットでも利用可能。

KARTEとMicrosoft Teamsの連携イメージ

 Microsoft Teamsは、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により世界的にリモートワークへのシフトが進んだことで、2020年10月末時点でデイリーアクティブユーザー数は1億1500万人を超えているという。2020年3月でのDAUは7500万人なので、半年ほどで53%増加したことになる。

 日本においても、Microsoft 365は企業規模や業界を問わず、また官公庁や地方自治体でも広く導入されており、様々な領域でMicrosoft Teamsの活用が浸透している。本連携により、業務の社内外におけるコミュニケーションの中心として機能するMicrosoft Teams上で、KARTEの管理画面を開かなくともエンドユーザーとのチャットコミュニケーションを完結できるようになることで、作業効率と対応速度を向上できるという。

他Microsoft Teams Appとの連携のユースケース

 今後のアップデートで、KARTE Talkでの顧客のメッセージややり取りのデータを、Microsoft Teamsをハブにして「Microsoft Azure」や「Microsoft Power Platform」などのアプリケーションとスムーズに連携させる予定としている。

「ASCII STARTUPウィークリーレビュー」配信のご案内

ASCII STARTUPでは、「ASCII STARTUPウィークリーレビュー」と題したメールマガジンにて、国内最先端のスタートアップ情報、イベントレポート、関連するエコシステム識者などの取材成果を毎週月曜に配信しています。興味がある方は、以下の登録フォームボタンをクリックいただき、メールアドレスの設定をお願いいたします。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ