このページの本文へ

肉食系グルメアーティストkazukazuの肉と米と絶妙マリアージュ! 第21回

1980円で素晴らしく充実

田町のホテルモーニングブッフェを攻める!食べ放題の穴場とはこのこと

2019年12月19日 17時00分更新

文● kazukazu 撮影●kazukazu 編集●ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 こんミンチは!肉食系グルメアーティストのkazukazuです。 白米片手にがっつりとお肉メニューを紹介する「肉食系グルメアーティストkazukazuの肉と米と絶妙マリアージュ!」。

 連載21回目は、東京港区芝浦に構える「ホテルグレイスリー田町」さんのホテルレストラン「ボンサルーテ・カフェ」さんに肉撃です。

「ホテルグレイスリー田町」

 「ホテルグレイスリー」さんは、家でも職場でもない、旅とレジャーに新たなスタイル“サードプレイス(第三の場所)”を提案するホテルブランド。

ホテルレストラン「ボンサルーテ・カフェ」

 そんな同ホテルの1Fに構える「ボンサルーテ・カフェ」さんは、“健康に良い”という意味の造語を店名に掲げるホテルレストランとなっています。 コンセプトは“心と身体にやさしい料理の提供”ということで、毎朝こだわりのモーニングビュッフェを楽しむことができるのです。

 その“こだわり”、実際に肌で感じてみたい!というわけで早朝に訪れてみました。

充実の品数!月替わりでイベントも開催

月替わりのイベントを実施。「ごはんのお友フェア」を実施していました。

 毎月月替わりのイベントを実施中とのこと。行った時はタイミングが良いことに“ごはんのお友フェア”なる嬉しいイベントが開催されていました。

 白米好きとしてはたまらなすぎるフェア!

 白米ばんざーい!

 テンションあげあげ状態で店内に入ってみます。

 入店してみるととても朝食とは思えないほどラインナップが充実。さすがホテルレストラン!

 さあ、どんな食事が揃っているか見ていきましょう。

新潟県南魚沼産コシヒカリ。

 “ごはんのお友フェア”を実施するだけあって、お米はこだわりの新潟県南魚沼産コシヒカリ。

白米好きにはうれしい「ごはんのお友」。

 その“お友”として用意されていたのが、
 ・厚焼きたまご
 ・福井県産ひじきと打ち豆のうま煮
 ・自家製チャーシューとマコモタケとエリンギの自家製ピリ辛メンマ和え
 ・お新香
 ・鶏ひき肉入りたくわん煮
 ・手作りマグロの佃煮
 ・梅干
 ・鮭フレーク
 ・高菜
 ・お浸し
 ・もずく酢
 ・とろろ

 いかにもお米が進みそうなラインナップ!

 もちろんブッフェはこれだけではありません。どんどん見ていきますよ。

カレー、焼き立てオムレツなど心が弾むラインナップ

 洋食系メニューも種類豊富。

ポークソーセージ、厚切りベーコンなどお肉も充実。

グラタンといった洋食の定番はありますし、変わったところだとゴーヤチャンプルーなんかも。

 良い香りにそそられて目を向けると……。

ドーン! シェフのスペシャルカレーです。

 シェフのスペシャルカレーなるものが。おいしそう!

オムレツは目の前で焼いてくれます。

 さらに、“エッグステーション”なるエリアでは目の前で焼き上げてくれるオムレツを楽しむことができます。

 ソースは2種類。手作りだそうです。

 これらのメニュー以外にもシェフ自家製のこだわりジャムやなパン、スイーツなど充実したラインナップ!

パンも用意されています。ジャムは自家製だそう。

スイーツや果物もありますよ。

 どこから手をつけようか迷うところですが、せっかくなので気になったものを片っ端からとってみました。

好きなものをとったらテーブルの上がいっぱいに♪

 どどーん!

 気になったものをどんどんとっていった結果、テーブルの上いっぱいになっちゃいました(笑)。

 選んだものは……。

 ポークソーセージ、厚切りベーコン、ジャガイモのグラタン、鯖のオーブン焼き、ホワイトたまごの目玉焼き、など。

 マグロの佃煮、うま煮、しらすおろし、ジャコとしし唐の甘辛炒め、漬物などのごはんのお友。

 シェフのスペシャルカレーの牛スジとビーンズのカレー。

 トマトソースのオムレツ。

 キノコのクリームソースのオムレツ。

 カチョカバロスライスとプロシュートのサラダ。

 ナスとバルサミコのジャム・ポークリエット・ミックスベリーのジャムをのせたフレンチトースト3種。

 カチョカバロスライスをのせてオーブンしたトースト。

 山盛りの魚沼産コシヒカリ。

 大根、人参、牛蒡、玉葱、油揚げ、蒟蒻など具沢山の食べる味噌汁。

 エピスウォーターとグリーンスムージー。

眼前に広がる豪華すぎるモーニングにニンマリ。

 目の前に広がる数々のおかずに思わず笑みがこぼれちゃいます。さっそくいただいみてます!

焼き立てオムレツはとろとろ……
カレーはごろっと牛すじが入っていてリッチ

 まずは、オムレツをぱかっ!

絶妙な火入れ。

 注文してから焼き上げてくれるオムレツは絶妙な火入れにより中はとろとろ。キノコの旨味たっぷりのまろやかなクリームソースとの相性もばっちりです。

 カレーは、スパイシーながらもしっかりとしたコクが感じられて美味ー!

 3時間煮込んだという牛すじがホロホロすぎる!

白米が、、、進んじゃうんです!!

1発目。

 というわけで、有無を言わさずの白米マリアージュ発動!

 米がすすむ! すすむ!

 おかずの種類豊富なのでさらに拍車がかかります。

2発目。

 厚切りベーコンともマリアージュ!

3発目。※上のおかずを変えただけではありません。おかわりしています。

 ホワイトたまごの目玉焼きともマリアージュ!

 ぐはー! シ・ア・ワ・セ!

 今回のフェアは「ごはんのお友フェア」。“お供”ではなく、友だちの“お友”。その意味が身に沁みました。

 3杯の山盛りご飯とともに、キレイに完食いたしました。

プリンなどスイーツも充実していますよ

 さらに、しっかりとスイーツもいただいちゃいます。

フルーツも食べて健康的(暴飲暴食しなければ)。

 先ほどの白米マリアージュの目玉焼きと同じホワイトたまごを使用したプリン、ブルーベリーのフラン、フルーツ、ヨーグルト&グラノーラとこれまた満足度高い品々!

 スイーツまで抜かりありません!

ホテルのモーニングビュッフェは穴場
朝から元気に白米チャージしたい人に

 いやはや、朝から大満足!

 これだけの内容、ホテルレストランなのでどうせホテルの宿泊者しか利用できないんじゃないの? と思われるかもしれませんが、いえいえ! 宿泊者でない一般の方も利用できちゃうのです。

 価格は1980円(税込)とお値打ち。平日は7時~10時まで、土日祝日は7時~11時まで営業していますよ。

 皆さんもぜひ一度「ボンサルーテ・カフェ」でリッチで素敵なホテルモーニングビュッフェを楽しんでみてはいかがでしょうか。こだわりのモーニングビュッフェとホテルクオリティのホスピタリティを朝からを受ければ、寒いこの季節でも温かい気持ちになって心身ともに“火照る”こと間違いなしですよ。

 あ、いや、“ホテル”だけにね。

 ………………………………

 ………………………………(沈黙)

 ……そ、それではまた次回、Let’s MEAT again!



<店舗情報>
「ボンサルーテ・カフェ」(ホテルグレイスリー田町内)
・住所:東京都港区芝浦3-8-1 ホテルグレイスリー田町 1F
・営業時間:平日7時~10時/土・日・祝日7時~11時
・料金:朝食 大人……1980円、小学生1100円/未就学児(3~5歳)550円
 ※表記料金は税込み
https://gracery.com/tamachi/breakfast/305838035ad0159/


kazukazu

「一日一バーグ」をモットーに年間400バーグ以上を食す日本一ハンバーグを食べ歩くハンバーグブロガー。日本ミンチ協会ハンバーグ王子。であると同時に様々な肉グルメを追い求めて全国を駆け巡る肉食系グルメアーティストとしても活躍。今の肉グルメ界において欠かすことのできない「肉人」のひとりでもある。

・ブログ:ハンバーグブロガーkazukazuの鉄の胃袋
・Twitter:@daizunokimochi
・Instagram:@kazukazu_hamburg

カテゴリートップへ

この連載の記事
ピックアップ
もぐもぐ動画配信中!