このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

私→WRC 第6回

試される大地で敗北

板倉&梅本、北海道ラリーで初のリタイヤ! WRC参戦に黄信号

2019年08月17日 12時00分更新

文● 板倉麻美 撮影●中島正義 編集●スピーディー末岡/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

心機一転臨んだLeg2は
側溝にハマって無念のリタイヤ

 そして運命のLeg2スタート。この日は超ロングな23kmのSSがありますが、実は少し楽しみにしていました。自分の体力がどれくらい持つのかな、という純粋な興味です。散々悩んでも答えがでかなった「頑張り方」ですが、アクセルを踏んで車を安定させるという感覚を定着させるために、アクセルとブレーキのメリハリを付けた運転をすることを目標にしてスタート。昨日よりは少しスムーズに走れている気がする。

 と思っていると、回り込んだ右コーナー先でものすごい衝撃が。気づいたらイン側の側溝に落ちてしまっていました。すぐに出ようとしますが、ヴィッツちゃんはかなり傾き、がっぽり側溝にハマってしまっている様子。運転席側のドアも開かない状況です。まどかちゃんにOKボードを持って走ってもらい、状況確認します。

 右側2輪が完全に落ちてる。これは出れないかもと一瞬で目の前が真っ暗に。でも、とにかくできることを試さないと。右側はジャッキをかけるスペースがないので、左前のアンダーガードの部分に車載しているシザースジャッキを入れて上げてみます。できた隙間にスペアタイヤを差し込んで、場所をずらしてまた上げます。最終的に右側のタイヤのそばまでたどり着きましたが、シザースジャッキを最大限まで上げても、タイヤは溝から出てきません。

 タイヤの下に敷く岩などもなく、まどかちゃんと二人で持ち上げても押してもダメ。汗がダラダラ落ちてきて手が震えてきました。結局そのままオフィシャルの方に引き上げてもらうことに。ここでチームはリタイアを決断。

 オフィシャルの方もがっぽりハマりすぎて「うーん、これは出れるかな……」と不安そう。大きめのスロープでなんとか脱出し、幸い自走可能だったのでそのままサービスパークへ。戻ってからはショックでしばらく放心状態だったんですが、いろんな方が心配して声をかけてくれました。中には「北海道のこと嫌いにならないで、懲りずにまた走りに来てね」なんて。来ますよ! 23kmのSS、走りきりたかったです!

 なお落ちた原因は、轍のかなり内寄りを走ってしまっていて、コーナー出口で轍が途切れたタイミングでアクセルをオフにしてしまい、そのまま内側に巻き込んでしまった可能性が高いとの推測です。

 初めてのリタイアで、スポンサーさまをはじめ多くの関係者に迷惑をかけてしまったな、とかなり落ち込みながらも、やはりどこかまだ現実味がなかったのですが、撤収直前に「リタイヤってほんとに辛いよな、おつかれさん!」とサービスの早水さんに声をかけられて、じわじわと悔しさと辛さがやってきて、そのままヴィッツの中で一人で泣きました。泣いてたのチームのみんなにバレてないといいなぁ。

 ラリーはメンタルスポーツだから心も鍛えないとダメだぞ! と、現場の先輩方に言われましたが、本当にそのとおりだなと痛感したラリーカムイでした。次の横手までは間隔が短く、修理も含めると乗れる時間がほぼない状況ですが、自分なりに気持ちを整理して臨みたいと思います! これからも温かい目で見守ってください! あと、船酔い改善とメンタルトレーニングのいい方法も募集中です!

  DL WPMS Vitz CVT 車両情報
ベース車両 トヨタ ヴィッツ GRスポーツ
レーシングパッケージ
一般メンテナンス G-SPICE
競技メンテナンス CUSCO
車両配送&ホスピタリティートレーラー MAROYA
エンジン 純正
CVT TOYOTA GAZOO Racing
オイル Moty's
マフラー FUJITSUBO
サスペンション CUSCO
ブレーキ Winmax
ホイール WORK
タイヤ DUNLOP
ロールケージ ワンオフ(FIA附則J項準拠)
シート BRIDE
ハーネス CUSCO
スポンサー 株式会社ウップスプランニング
株式会社丸徳商会
株式会社東名
株式会社タクティー

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ