このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」第521回

ツバメノート×セーラー万年筆の「コラボ万年筆」を衝動買い

2019年02月27日 12時00分更新

文● T教授、撮影●T教授、編集●南田/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「ツバメノート×SAILOR」のコラボ万年筆にオトナの期待を膨らませてしまったが、使ってしばらくして、それが自分の大きな勘違いミスであることを思い知ることに

ツバメノート×セーラー万年筆の
「コラボ万年筆」を衝動買いしたが……

 先日、中学校の先輩でブランドデザインやグラフィックデザイン、パッケージデザインの世界においても素晴らしい実績を残された著名なデザイナーの“お別れの会”のため、富山県の高岡市まで行ってきた。

 帰りは上野駅で降り、時々立ち寄っては衝動買いをするエキナカの文房具店「アンジェ ビューロー」に寄り道をした。ここ最近何度か来ているためか、めぼしいモノは無かったが、ショーウィンドウに飾られていた「セーラー万年筆×ツバメノート 万年筆 ギフトセット」を衝動買いした。

 購入価格は6900円(税抜)。販売価格の高い安いの感覚は人によってさまざまだとは思うが、筆者は、両社合わせて160年を超える伝統とブランドのコラボレーションプロダクトであることを考えれば、余りにも安すぎて逆に不安になる感じだった。

 実際に購入した商品は、全体に落ち着いたオフグレーの厚紙のパッケージに入っている。伝統的な大学ノートには絶対と言ってよいほど付いている黄色い「背見出し」(インデックス)を大学ノート風に貼りつけたイメージだ。遠慮がちに“ツバメノート×SAILOR”と金のエンボスが中央右に記載されている。

分厚い大学ノートをイメージした定番の黄色い背見出し付きのパッケージ 分厚い大学ノートをイメージした定番の黄色い背見出し付きのパッケージ

 パッケージの中身は、万年筆本体であるセーラー「プロフィットJr.」という2000円前後の万年筆をベースに、外観の仕様変更を加えたシルバー&ブラックモデルだ。既存の標準的なコンバーターとラベルデザインを変更したボトルインク(こきはなだ)がセットされている。

パッケージを開けると、不安感と少しの期待感が入り混じった不思議な感覚だ パッケージを開けると、不安感と少しの期待感が入り混じった不思議な感覚だ

 コストの上限ありきのパッケージ商品のようで、ペン先はステンレス、ペン先にレーザー処理で極めて浅く描かれた、見えにくく消えそうな“ツバメのロゴマーク”が個人的にはとても残念だ。付属するツバメノートは従来から発売されている一筆箋タイプの表紙をリメイクしたモノだ。加えてセーラー万年筆の汎用標準的な“万年筆使用説明書”が付属する。

セーラーの「プロフィットJr.」の外観変更した万年筆本体と既存インクのリ・ラベリング、既存の一筆箋の表紙を変更した専用一筆箋。コストの制約があるので残念だ セーラーの「プロフィットJr.」の外観変更した万年筆本体と既存インクのリ・ラベリング、既存の一筆箋の表紙を変更した専用一筆箋。コストの制約があるので残念だ
今回のパッケージに付属するカラーインクの「こきはなだ(深縹)」。藍染の中でも、もっとも濃く深い紫味を少し含んだ青色だ 今回のパッケージに付属するカラーインクの「こきはなだ(深縹)」。藍染の中でも、もっとも濃く深い紫味を少し含んだ青色だ
ステンレスペン先に遠慮がち、自信なさげに浅くレーザー刻印されたツバメロゴ。拡大表示しないとまずふつうの人の眼では見えない ステンレスペン先に遠慮がち、自信なさげに浅くレーザー刻印されたツバメロゴ。拡大表示しないとまずふつうの人の眼では見えない
セーラー社の1000円万年筆に標準的に付属する取説と同じものが同梱されている。コラボレーションモデルならではのうんちく満載の専用取説が欲しい気持ちになる セーラー社の1000円万年筆に標準的に付属する取説と同じものが同梱されている。コラボレーションモデルならではのうんちく満載の専用取説が欲しい気持ちになる

 こうしてよく見てみると、衝動買いした時にはまったく気づかなかったが、今回の「ツバメノート×SAILOR」のコラボ商品は、セーラー万年筆がすでに販売している「プロフィットJr.万年筆セット」(5000円、税抜)にツバメノートの一筆箋を加えた即席のダブルネームギフトセットのようだった。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン